知っておくと得する!「リフォーム」と「リノベーション」の違い

こんにちは。
中山不動産株式会社です。

家作りを始めようとすると、一度は疑問に思う「リフォーム」と「リノベーション」の違い。
みなさんもリフォーム、リノベを検討したときに「二つの違いはなんだろう?」と感じたことはありませんか?最近になって周知が進んだ「リノベーション」という言葉ですが、リフォームと同じ意味合いで使う方も多いでしょう。
ただし、二つの違いを知っておくと住まいづくりに役立てることができるのです。

今回は、そんなリフォームとリノベーションの違いを解説します。

【古いものを新しいものと取り替える】リフォーム

一般的に言うリフォームとは、「古くなったものを新しいものへと取り替える」ことを指します。
英語の「reform」を直訳すると「悪い状態からの改良」となり、例えば古くなって故障が目立つコンロを新しくしたり、在来工法の浴室をユニットバスにしたりする工事は「リフォーム」です。

リノベーションと比較するとキッチン・リビング・風呂場などピンポイントで行われる工事が多く、基本的には破損していたり、汚れていたり、経年劣化が目立っていたりする部分を“直す”という意味を持ちます。

【物件の価値を高める】リノベーション

リノベーションは、「物件の価値を高める」ための工事を指す言葉。
リフォームと同様、英語の「renovation」を訳してみると「革新」「修復」を意味していることが分かります。

リフォームは「元あるものを回復する」工事であるのに対して、リノベーションは間取りや空間のデザインを変更することで“物件の価値そのものを上げる”工事を行います。
例えば家族が増えたために仕切り壁を取り払ってリビングダイニングキッチンに変えたり、反対に使わなくなった子供部屋を一つの部屋に変更して広々とした主寝室を作ったりと、家族構成に合わせて暮らしやすい家にカスタマイズする工事がリノベーションです。

「リフォーム」と「リノベーション」の意味の違いが分かれば、物件を探しているときに「リノベーション済み」と書いてあるのなら「本来の間取りから変更された物件」ということが読み取れます。
リフォーム済みであるなら、元の設備が修理され、新しくなっていると予想できるでしょう。

リフォームとリノベーション、それぞれの違いとメリット・デメリット

リフォーム・リノベーションそれぞれの意味を解説しましたが、業者によっては二つの言葉に明確な線引きをせず、どちらの言葉も同じ意味で使うこともあります。
ただし、先ほどご紹介したように「工事規模」や「性能」に違いがあるため、二つの違いをもう少し詳しく見ていきましょう。

工事規模の違い

リフォームが一部分を取り替えるだけの工事であるのに対し、リノベーションでは大規模な間取り変更などの工事も含みます。
リノベーションの工事では、「フルスケルトン」といって骨組みの状態まで解体し作り直すケースもあり、リフォームと比べると規模が大きくなるのが特徴です。

性能の違い

リフォームでは設備を取り替える、張り替える、作り変えるといった工事が行われるため、極端に言えば「新築状態」以上のものは作れません。
一方、リノベーションは元の住まい以上の性能を高める工事であるため、設計によっては「新築状態」以上を目指すことも可能です。

リフォームのメリット・デメリット

リフォーム、リノベーションにはそれぞれメリットとデメリットがあります。
目的に合わせた工事を選び、家作りの参考にしてみてください。

リフォームのメリット

リフォームはリノベーションと比べ、工事が「短期間」で費用も「安い」です。「なるべく早く工事を済ませたい」という方にとっては、建て替えやリノベーションをするよりも楽に家作りができるでしょう。

また、住み慣れた家の雰囲気はそのままに、最新の設備の住まいが実現できるのもメリットのひとつ。
リノベーションを行うと間取りから内装までがらっと変わってしまうため、「これまでの家が気に入っている」という方にはリフォームをおすすめします。

リフォームのデメリット

リフォームのデメリットは、メリットにも通じる「一部分のみしか改修できないこと」です。
予算も安く工事も短期間ではあるものの、リフォーム工事をしても新築状態以上を望むことはできません。

リフォーム工事の中には、内装すべてを新しいものにする「フルリフォーム」もありますが、そもそも「家族が増えたから広いリビングが欲しい」「部屋数を増やしたい」などの目的で家作りをするなら、リフォームではなくリノベーションを検討するとよいでしょう。

リノベーションのメリット・デメリット

次は、リノベーションのメリットとデメリットを見ていきましょう。

リノベーションのメリット

リノベーションの最大のメリットは、ライフスタイルに合わせて自由に設計できること。
ずっと暮らす家だからこそ、家族が増えたり、一方で成長と共に別々の家で暮らしたりと家族構成も変わってきますよね。
その都度、家族に合わせた住まいの形を実現できるのがリノベーションのメリットです。

また、「元ある家よりも価値が高まる」点も見逃せません。
マイホームを作りたくても、人気のエリアはすでに住宅が建っていたり、物件が見つかっても設備や環境に不満があったりというときには、中古物件をリノベーションで新築以上のものに作り替えることもできます。

リノベーションのデメリット

リノベーションはリフォームと比べると、工事費用は高く工事期間も長期的になります。
今すぐに住環境を整える必要がある方や、仮住まいを用意しなくてはならない方にとってはデメリットとなるでしょう。
また、リノベーションはどの物件にも行える工事ではありません。
築年数が古い物件だと耐久性に難があるケースもあるため、専門の業者と一緒に物件選びをする、リノベーションが可能かどうか一緒に検討することが大切です。

リフォームとリノベーション、どう使い分ける?

それでは、リフォームとリノベーション両者のメリット・デメリットをまとめてみましょう。

リフォームリノベーション
費用一般的に安い一般的に高い
間取り変更工費を上げれば可能全体的に可能
工事期間短い長い

例えば築浅の物件を家族に合わせて作り替えるなら、リノベーションよりもリフォームを選んだほうが費用も安く済み、工事期間も短くすぐに暮らし始めることができます。
しかしリノベーションを選ぶと工事期間が長くかかり、物件の費用に加えてリノベーションの工事費用もかかるなど、予算を多めに見積もる必要が出てくるでしょう。

一方で築年数の経った物件であれば、フルリフォームをしても家事導線が悪い、家族人数に対して間取りに不満があるなど、リフォームにお金をかけた分ほどのメリットを感じられないかもしれません。
この場合は、リノベーションを選ぶと住まいがより理想に近づきます。

二つの違いを知って「理想の家」作りを

リフォーム・リノベーションを行うときは、この二つの違いを分かった上で「現状維持のまま修理的に工事をしたいのか」「間取りを変更して根本的な改修をしたいのか」どちらの目的で家作りをするのかを考えておきましょう。
物件に対し、両者のどちらが適しているかは専門的な知識のある業者の意見を参考にするのがおすすめです。

名古屋市でリフォーム・リノベーションを行うなら、中山不動産へ。物件やその環境の特徴を捉えて、理想に合った家作りをご提案します。
実際のリノベーション施行事例を3D撮影画像で閲覧することもできるため、今から家作りを考えている方はぜひ参考にしてみてください。


お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ
  1. この記事へのコメントはありません。