マンションのリノベーションは自分らしくおしゃれに(予算別解説)

こんにちは。
中山不動産株式会社 売買事業部 松井です。

家は新築が「必ずいい」という新築信仰の時代が進んできてます。

建築技術の発達のおかげで、マンションは10年15年経っていても劣化はほぼなく新築と変わらず、耐震基準を満たしているものであれば耐震性にも問題はありません。

今人気があるのは中古マンションを購入し、自分らしくおしゃれにリノベーションすることです。
「リノベーションとリフォームの違いってなに?」
「リノベーションはどれくらいの予算で何ができるの?」
「リノベーションしてくれる会社ってどうやって選ぶの?」

という疑問をお持ちの方に、この記事ではリノベーションに関するあらゆる疑問を解決します。

具体的には

  • リノベーションとリフォームの違い
  • 費用別リノベーションの工事内容
  • 施工会社の選び方

の順番にご紹介していきます。

中古マンションを買って自分らしく過ごせるおしゃれな家が手に入るかもしれませんよ。ぜひ最後までご覧ください。

中古マンションのほうが物件が豊富

いま、中古マンションを購入後にリノベーションをして暮らしをおしゃれに楽しむ人が増えています。

駅近やリッチのいいマンションなどは新築で出ることはほぼなく、中古のほうが物件数が豊富だからです。
しかし、やはり中古マンションだと水回りやキッチン、設備や間取りに不満を持つ場合があります。

そんなときにおすすめしたいのがリノベーションです。
間取りや内装など気になるところを自分好みにおしゃれに変えることができます。

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションは同じようなものだと思われがちですが、少し意味が違います。

リフォームをするというと、新築に近づくような形の原状回復することです。
古くなったものや悪くなった設備を交換する、いわゆる修繕です。

それに対してリノベーションは、間取りや内装を変えるなど、よりおしゃれにより住みやすくするための工事を言います。

中古マンションが売りに出すときにリフォームをする会社は多いですが、その時にリノベーションをすることで生活に支障がなく引っ越しのときには新しい状態の家に住むことができます。

リノベーションが人気の理由

  • ライフスタイルの多様化。
  • いろんな希望を叶えてくれる会社が増えた。
  • 使いやすい家の形が昔とは違う。
  • SNSでリノベーションした家が注目されている。
  • デザインや間取りの自由度が高い。

SNSを見ると、リノベーションしてこんな家がこのように変わりました、というような投稿を見ることがあります。

インスタでもおしゃれな家が実はリノベーションして作ったなんてみると、自分もやってみたいな、こんな風な間取りもいいな、など想像が膨らみます。

リノベーションが広く知られるようになり、その魅力が広く支持されるようになりました。

マンションをリノベーションする費用

リノベーションしたい、と思ったら気になるのはその費用です。
しかし、家に関するお金はしにくい上に聞きにくい
フルリノベーションにかかる費用は、もちろん施工会社によってかなり差が出ますが、だいたい10~20万円/㎡でできるものが大多数です。
素材や設備にこだわる場合はもう少し多めにみておきましょう。

500万円以下

500万円以下でできるリノベーションにはこんなものがあります。

  • 一室をクローゼットに変更
  • オリジナルの収納棚の設置
  • キッチンを対面式に変更
  • 掘りこたつの設置
  • キッチンなど水回りの工事

そのまま使えるものは使う、現状の内容や設備を基本的に使って、こだわりたいところ1ヵ所をリノベーションする場合は500万円以下で収まるケースが大多数です。

500万円から800万円

  • 壁の一面を壁面収納にする。
  • 3LDKを2LDKにするなど間取りを変える。
  • 水回りを最近の設備に変更する。
  • 床暖房を設置する。
  • 床材を無垢材に変える。
  • 壁を取り払って、2部屋を広い1部屋にする。

500万円以下でできる工事にプラスして設備を少しだけいいもの変更、素材を無垢や珪藻土などを使用すると費用が上がり500万円を超えます。

マンションのリノベーションの場合は、500万から800万円くらいが平均的な相場です。

800万から1000万

  • 60㎡から70㎡くらいのマンションだとフルリノベーションできる
  • スケルトンでのリノベーションが可能になる。

スケルトンとは建物の骨組みのみを残してすべてリフォームすることです。
スケルトンにしてからリノベーションを行うことで間取りの自由度は格段に上がります。

よほど広めのマンション以外であればフルリノベーションもできる金額です。
ただ、高層マンションだと、資材や機材の運び込みに別料金が発生する場合もあるので注意が必要です。

同じ内容のリノベーションでも工事をしてくれる会社によって金額は大きく変わるからです。
次にリノベーション工事の会社の選び方と相見積もりをとるときの注意点、いい業者を見分けるポイントについて説明します。

依頼する施工会社の選び方

限られた予算の中でより理想の家に近づけるようにするためには施工会社との相性も大切です。

他人が思っているものを具体的に形にすることはとても難しいことです。
「北欧風にほしい」といってもイメージできる人と全く想像ができない人がいるでしょう。

工事が終わってから「こんなはずじゃなかったのに」ということのないように依頼をする施工会社を決めるポイントについて説明します。

施工会社によってリノベーションの満足度は大きく変わります。

相見積もりとその注意点

  • 相見積もりの内容は統一する。
  • 相見積もりを頼むのは3社ほどに絞る。
  • 他の業者の見積もりを見せない。
  • 電話やメールだけで済ませようとしない。

相見積もりをとるときに注意する点が上記の4つです。

あれもこれもと、たくさんの会社に相見積もりを頼んでしまうと時間と手間がかかります。
ホームページや口コミなど、自分たちである程度厳選したうえで3社程度に絞りましょう。

他の業者の見積もりを見せて値引き交渉をしようとする人がいますがそれはマナー違反です。
結果的に安くなったとしても、業者との信頼関係を築くことは難しいでしょう。

最後に、見積もりを電話やメールだけで済ませようとするのはNGです。
直接話をすることで対応の良さが企業としてのこだわりを見ることもできます。

直接会うことで、少し値段が高くてもここで頼みたいと思えるような提案があるかもしれませんよ。

いい業者を見分けるポイント

  • 提案力がある。
  • 過去に施工した例を見せてくれる。
  • レスポンスが早い。
  • 見積もりが明快で分かりやすい。
  • 無料相談会を行っている。

お願いしたいと思える施工会社には「提案力」と「実例」があります。

こんな家にしたいなぁと思っていた理想を形にしてくれる提案力です。
リノベーションは文字だけ、言葉だけではどうしても伝わりにくいです。

できれば、写真や具体的な建物を一緒に見て説明することが確実です。
出来上がってから思ったものと違う、なんてことのないように業者側の過去の実例に自分の理想に近いものがある業者を選びましょう。

リノベーションや家作りに関しては、業者とも長いお付き合いになるので対応に好感が持てる会社のほうが安心ですね。

中古マンションをおしゃれにリノベする方法

中古マンションをおしゃれにリノベーションするためには注意するポイントがあります。

理想のお部屋作りのためにきちんと確認しておきましょう。

マンションの規約を確認する

分譲マンションでは、住民はみんな管理組合に加入しなければなりません。
マンションでリフォームやリノベーションを行う際には管理組合に事前に報告し、工事の申請をしなくてはいけません。

また、マンションの規約により、独自のルールが決められている場合もあります。
共用部分でなければ問題がないケースがほとんどですが、自分のしたいリノベーションがマンションの規約によって禁止されている場合もあるかもしれません。

水回りの移動に関する規制や、マンション指定の業者がある場合もあるので注意しましょう。

近隣の住民への配慮も忘れないでくださいね。

間取りには制約がある

おしゃれなリノベーションがしたくて、あれもこれもと考えていることがあるかもしれませんが、マンションの間取りには制約があります。

マンションは戸建てに比べると制約も多く、自由度は下がりますが、リノベーションの技術も上がっていますので一度施工会社に相談してみるといいですね。

思いもよらない方法で理想に近いリノベーションをしてくれるかもしれません。

こだわりは優先順位を考える

施工会社と打ち合わせをしているとあれもこれもと、欲が出てきてしまうことがあります。

予算が潤沢にあれば実現が可能かもしれませんが、そうもいきませんよね。

打ち合わせの前に、一番重要なのは間取りの変更、資金が残っていれば台所もやりたい、など優先順位をつけるようにしましょう。

施工会社からの提案はどれもステキなものばかりです。
あれもこれもとなってしまわないように夫婦やパートナーと事前に優先順位の相談をしておきましょう。

【まとめ】マンションはおしゃれに自分らしくリノベする

いかがでしたか?

マンションは新築で購入するよりも中古での購入を検討することで選ぶ幅が広がります。
中古マンションを自分らしくリノベーションすることで新築マンションよりも自分にとって住みやすい形に変えることができるんです。

リノベーションはだいたい500万円から1000万円の予算で中古マンションを自分らしく作り変えることが可能です。

自分の理想を形にしてくれるリノベーション施工会社は見積もりの値段だけで決めてはいけません。
記事内のいい業者を見分けるポイントを参考に、ステキな業者を探してくださいね。


松井ブログ一覧


愛知県・名古屋市の不動産の事から建築・リフォーム、それに付随する税務の事や相続等、経験豊富な私たちが不動産の売り買いをサポートさせて頂きます。
名古屋の収益物件の不動産は、名古屋最大級の取扱件数の中山不動産株式会社へ。

お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ
  1. この記事へのコメントはありません。