不動産をテクノロジーと融合させて、
よりお客様の身近な存在に。

私たちが事業を展開する愛知県は、日本全国47都道府県のなかで東京・沖縄とともに人口が毎年増加している注目都市であり、2027年のリニアモーターカー開通も日本中から熱い視線が注がれています。
私たちはその注目都市愛知で、資産性の高い収益物件・新築住宅を創造し、また今ある中古マンションや中古戸建にリノベーションによるあらゆる付加価値をプラスし、多様化するお客様のニーズにお応えいたします。

新しいことを積極的に推進する会社の象徴としてオフィスをリニューアル。2019年12月には上前津駅から徒歩1分の場所へ移転しました。より便利により広くなったオフィスには、フリースペース、カフェスペースを整備。
不動産テックを推進させ、時流に合わせた不動産の在り方を念頭に置き、ベンチャー並の事業展開のスピードアップを行っていきます。そのためにもAI、IoTは欠かせないツールとなるでしょう。いち早くテクノロジーを導入し、ITリテラシーを高く保ち、私たちは新しいものを積極的に取り入れている会社です。最近ですとVRを用いた仮想空間内での内覧、シェアリングなどは今後さらに活用されていきます。不動産業界において専門的でわかりづらかったものをわかりやすくし、建物のスマート化などのテクノロジー活用によって、ユーザー様にとってよりわかりやすく、取引先様にとってより利用しやすい不動産会社を目指していきます。


いずれは街のランドマークとなるようなマンションを手掛けたい。

付加価値を創出した狭小住宅やデザイナーズ物件以外にも、同規模の他社があまり手掛けていない開発事業を推進させたいとも考えています。大手と同じ土俵では勝負をしない、中小だからこそを活かした土俵で勝負をするというのが私たちの考えです。
仲介業者出身であることを活かしたお客様の一手二手先の提案を心掛けています。また、仲介業者様の気持ちがわかることによりスムーズに物件の相場感や適正価格の割り出しを心がけております。
私たちはその点において業界で一目置かれていると自負しています。ニッチさで勝負とは言いつつも、ストロングポイントを活かし、ゆくゆくは街の誰もが知るランドマーク的なマンションを手掛けてみたいとも思っています。

中山不動産株式会社
代表取締役 中山 耕一