【保存版】名古屋のベッドタウン 一宮市の住みさすさの魅力とは

こんにちは。
中山不動産株式会社です。

名古屋市に近く、住みやすいベッドタウンを探している方もいるのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが愛知県の「一宮市」です。
人口約38万人の総合繊維産業の街として発展してきた一宮市は、ベッドタウンとして優れた魅力を多く持っています。

今回は、そんな一宮市の住みやすさや名古屋市のベッドタウンとしての魅力を解説していきます。
一宮市の生活に興味のある方は、ぜひご参考ください。

一宮市の住みやすさ①アクセス環境

出典:photo-ac

一宮市の住みやすさは、各種交通機関でのアクセス環境の良さにあります。
電車やバス、車での移動が不便な街では、ベッドタウンとしての魅了は半減するでしょう。


そういった意味では、一宮市は市内や駅までのアクセス環境が優れて利便性の高い街です。
ここでは、各種交通機関でのアクセス環境を解説します。

名古屋駅までのアクセスが良い

一宮市がベットタウンして人気の理由の一つが、名古屋までのアクセス良いから。
JR東海道本線や名鉄名古屋本線、尾西線の3路線が存在します。
そして、名鉄やJRを使うと名古屋駅まで15分程で到着します。

また、料金は名鉄は「380円」JRが「300円」と、JRのほうがお得に移動できます。
以上のように、名古屋市へ手軽に通勤・通学できるところが一宮市の魅力です。

市内のバス路線が充実

車のない方やお年寄りにとって、市内や駅まで手軽に移動できる手段があると便利です。
一宮市は市内バスの種類が豊富で「名鉄バス」や、千秋町コース、荻原町・大和町コースを走る「i-バス」が走っています。

また、名鉄バスは市内各地から一宮駅に向けて走っているため、車のない方でもスムーズに電車を利用できます。

車を利用しやすい環境

車で遠出をするとき、近くに高速道路があると遠方までスムーズに移動できます。
一宮市には名神高速道路・東海北陸自動車道の二つの高速道路があり、遠方まで時間のロスなく移動できます。

また、国道22号線など主要幹線道路の整備もされているため、家族でのお出かけや、車で帰省する方にも利用しやすい環境といえます。

一宮市の住みやすさ②買い物が楽しくなる

出典:photo-ac

現代的な大型ショッピングモールから古き良き商店街まで、一宮市には自分に合ったお買い物スポットがみつかる街です。
店舗数も多く「買い物のために隣町へと行く」といったことになりにくく、利便性の高い街といえるでしょう。
ここでは、一宮市のショッピング事情を解説します。

一宮本町商店街で生活が充実

現代的に栄えた駅前とは対称的に、歴史を感じる看板やアーケードで懐かしい気持ちになれるのが一宮本町商店街です。
ショッピングモールにはない老舗の個人商店が並び、落ち着いて買い物ができます。

高齢者の利用客が多い商店街ですが、若い人が訪れても新鮮さを感じられるため、散歩するだけでも楽しめでしょう。
地元民に愛される昭和の雰囲気を残した一宮本町商店街、ぜひ一度訪れてみてください。

2つのショッピングモール

一宮市には人気の大型商業施設が2つあります。
それは「テラスウォーク一宮」と「イオンモール木曽川」です。

テラスウォーク一宮は、スーパーマーケットのアピタやフードコート、生活用品や衣料品も揃うショッピングモールです。
2階建てのため、広過ぎず日常的な買い物に利用しやすい店舗です。

イオンモール木曽川は、テラスウォークより大型の3階建てショッピングモールです。
食料品や衣料品、日用品の専門店が数多く出店しています。
また、ゲームセンターや映画館など、家族やカップルで楽しめる施設もあるところが魅力です。

スーパーマーケットの店舗数が多い

一宮市には50店舗をこえる数のスーパーマーケットが存在します。
ピアゴ・アピタや平和堂、西友やアオキスーパーなど多種多様なスーパーマーケットがあるため「欲しいものが見つからない」ということがほとんどありません。

また、東海エリア限定の地域密着スーパー「アオキスーパー」や「カネスエ」など、安価で品揃え豊富なスーパーも人気です。

一宮市の住みやすさ③人とのつながり

お祭りなどのイベントをきっかけに、人とのつながりを感じることもあるでしょう。
一宮市では、そんな人とのつながりを感じさせてくれるイベントが数多く開催されています。
全国各地から見物にくるようなお祭りや、歴史を感じられるものまでさまざまです。
ここでは、そんな一宮市で毎年開催されるお祭りを紹介します。

※コロナウイルス感染拡大の影響で中止される可能性もあるためご注意ください。

一宮七夕まつり

出典:photo-ac

全国各地から約130万人訪れる一宮市最大のイベントが「一宮七夕まつり」です。
おりもの感謝祭である一宮七夕まつりは、毎年7月の最終日曜日をフィナーレとする4日間を全市をあげておこなわれる大規模イベントです。

盆踊りや露店、歩行者天国やけんらん豪華な飾り付けなどを楽しむことができ、日本の三大七夕まつりといわれています。

チンドン祭

出典:photo-ac

一宮市荻原町の荻原商店街で、5月の第4日曜日に開催される、40年以上の歴史をもつのがチンドン祭りです。
全国から選抜されたプロのチンドンマンが商店街をスポンサーの各商店の宣伝をしながら練り歩き、チンドンの技能を競い合います。

懐かしいメロディや口上、鮮やかな衣装と昭和の雰囲気ただようレトロな空気感を楽しめるため、県外からもたくさんの観客が訪れるお祭りとなっています。

石刀祭り

出典:photo-ac

中島郡馬寄村の石刀神社で4月におこなわれるのが石刀祭りです。
その歴史は非常に古く、徳川家康の時代までさかのぼります。

その内容とは、高さ8mある山車3台と献馬を奉納する祭礼です。
山車は上層、中層、下層と分かれており、下層は囃子場、上層はからくり演出場となっています。
古くから変わらない山車・お囃子・からくり実演が歴史を感じられて、多くの見物客で賑わいます。

一宮市の住みやすさ④休日を満喫

休日を充実させるには、ストレスを軽減する癒やしスポットや、家族で遊べる公園などがあることも引越すうえでは大切です。
一宮市には、そんな休日を満喫できるスポットがたくさんあります。
ここでは、一宮市の代表的なおすすめスポットを紹介します。

広大な公園「138タワーパーク」

出典:photo-ac
TEL0586-51-7105
住所一宮市光明寺字浦崎21-3
営業時間9:30~17:00
定休日毎月第2月曜日
料金入園無料
アクセス東海北陸自動車道「一宮木曽川I.C.」より約8分

高さ138mから美しい眺望を楽しめる展望タワーが「ツインアーチ138」です。
広大な広場でお花や植物などが楽しめ、四季を感じながらゆっくり散策ができます。

お子様に大人気の「わくわくスライダー」や「フワフワドーム」など、遊具がたくさんあるため、家族全員で一日楽しめる公園です。
さらに、駐車場代や入場料も無料になっているため、お金をかけずに楽しめるコストパフォーマンスの高い公園となっています。

パワースポット「真清田神社」

出典:photo-ac
TEL0586-73-5196
住所一宮市真清田1-2-1
アクセス名神高速「尾張一宮」I.Cより約20分

一宮市真清田にある真清田神社は、国の登録有形文化財に登録されている本殿や祭文殿など、神社建築として評価の高い神社です。

また、パワースポットとしても有名なため、運気向上に多くの方が訪れます。

創建日の3月3日には「桃花祭」という桃の節句にちなんだ例祭も開催されます。
さらに、結婚式場としての使用にも人気があり、多様なニーズに応えてくれる神社になっています。

疲れを癒す「楽だの湯」

TEL0586-24-4126
住所一宮市多加木1丁目28番1号
営業時間7:30~25:00
定休日年中無休
料金【幼児】平日100円 休日150円
【小学生】平日200円 休日250円
【大人】平日450円 休日500円

楽だの湯は、さまざまなタイプのお風呂を楽しむことができる人口温泉です。
楽しめるお風呂施設は次のとおり。

  • 露天風呂
  • 炭酸泉
  • つぼ湯
  • 白湯
  • ジェットバス
  • 水風呂
  • サウナ

以上のお風呂を「大人480円」というリーズナブルな料金で利用できます。

一宮といえばモーニングですが、楽だの湯に関しても平日の11時まではトースト・コーヒー・サラダのモーニングセットが無料です(土日祝日は300円)
施設内には、お食事処やエステ・マッサージもあり、ゆっくりと体を癒やすことができます。

まとめ

愛知県一宮市は、交通のアクセスに優れた名古屋市のベッドタウンにぴったりの街です。
豊富なショッピングスポットや魅力的な祭りなど、観光にも居住地にも人気の街なので、ぜひ一度お立ち寄りください。

一宮市でお部屋探しを検討されている方、住宅の購入や売却をお考えの方は、ぜひ中山不動産株式会社までご相談ください。
お客さま一人ひとりにあったプランをご提案させていただきます。

お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ
  1. この記事へのコメントはありません。