【保存版】不動産投資はリスクが高いって本当?失敗しないための正しい対策とは

こんにちは。
中山不動産株式会社です。

「不動産投資を始めたいけれど、専門知識がないから失敗するだろう……」「リスクが高そうなイメージがあって、始める勇気が出ない……」と、悩んでいませんか。

不動産投資と聞くと、リスクが高く成功が難しい印象を持っているかもしれません。

この記事では、不動産投資のリスクとその対策を詳しく紹介します。
リスクを把握し、危機的状況に陥ってしまわないための回避方法を知っていれば、必要以上に恐れることはなく対応できます。

不動産投資の成功への第一歩を踏み出しましょう。

不動産投資はやめとけといわれる理由は?

「不動産投資をしようと思う」と家族や友人への相談で、「やめたほうがいい」「失敗したら、どうするつもり?」と心配されるかもしれません。

なぜ、不動産投資はやめとけと言われてしまうのでしょうか。

やはり、身近ではないものへの漠然とした不安は、怖く感じるものです。

不動産投資ローンも「借金=良くないもの」というイメージが先行しているのでしょう。

不動産投資には、老後の資産形成や税金対策といったメリットがあります。

ただし、下記のページでご紹介している通り、リスクもつきものです。

不動産投資のデメリット サラリーマンがよく失敗する事例紹介【専門家が解説】

【超重要】初心者が不動産投資をはじめる前に知っておきたい注意点

リスクがゼロの不動産投資はありません。

しかし、発生が予想される事態に備えた的確な対策を事前にすることで、失敗を避け、安定した収益が得られます。

不動産投資の人的リスクと対策方法

ここでは、不動産投資の人的リスクとその対策方法を紹介します。

人的リスクとは、入居者が関わるリスクのことです。

不動産投資では、入居者からの家賃が大切な収入源。

入居者に何か問題が発生し、収入源が断たれてしまうこともあります。

安定した収入が得られるよう、しっかり対策を取りましょう。

空室リスク

人的リスクの代表的なものが空室のリスクです。

入居者を募集しても、なかなか入居が決まらず空室が長期間続いてしまったらどうでしょうか。
入居者が居なければ、家賃収入はありません。

空室のリスクを避けるには、物件選びが重要です。

「この価格なら、買えそうだ」と、金額だけに着目するのは失敗の原因に。

入居の需要がしっかり見込める物件かを判断するには、地域や周辺環境を購入前に確認をしましょう。

他にも、空室リスクにはさまざまな対策があります。

下記のページでは、さらに詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

[30代初心者でも安心]不動産投資セミナーで学ぶ7つの空室対策

家賃滞納リスク

所有物件の部屋が満室だからといっても、まだまだ安心はできません。

入居者が家賃を滞納してしまうリスクもあります。

単なる払い忘れであれば、請求してすぐに支払ってもらえるでしょう。

しかし、何カ月もずるずると滞納されたままでは、いつまで経っても収入が得られず、ローンの返済計画に支障が出てしまいます。

入居者への対応を的確におこなってもらえる管理会社を選んだり、家賃滞納が発生した際に家賃の保証をする保証会社と契約したりすることで、リスクの低減は可能です。

不動産投資の環境リスクとその対策方法

次に紹介する不動産投資のリスクは、環境によるものです。

「人が原因で起こることなら、対処のしようがあるけれど、環境リスクなんてどう対策をすればいいのだろう」と悩んでしまうところ。

自分でコントロールができないものだからこそ、事前に対策がとても重要です。

金利上昇リスク

不動産投資ローンの返済には、金利上昇のリスクがあります。

20年、30年と長期間返済するため、ごくわずかでも金利が上昇してしまうと、支払総額は大幅に増額。
金利上昇により、毎月のローン返済の負担が重く、予定してたほどの収益が得られないかもしれません。

金利上昇のリスクに備えるには、余裕のある資金計画が一番。

固定金利か変動金利といった金利のタイプや返済期間、毎月の返済額などをよく考え、無理のない返済ができる計画を立てるようにしてください。

収支のバランスに余裕があれば、万が一金利が上昇しても、慌てずに対応できるでしょう。

地震リスク

日本は地震大国であるため、どこの地域の物件であろうとも地震リスクへの備えが大切です。

地震保険は火災保険とセットで加入ができる保険。

万が一被災した際に、被害状況に応じて保険金が受け取れます。

地震保険は、投資用物件を購入のタイミングでおこなえる対策ですが、物件選びのタイミングでできる地震リスクへの対策もあります。

1981年に導入された新耐震基準を満たしている建物を選びましょう。
中古物件を購入する際には、建築確認済証をの発行日が1981年6月1日以降であることをチェックしてください。

火災リスク

人が住む建物には、火災リスクもあります。
火災リスクへの備えは、火災保険に加入をしましょう。

火災保険では、火災以外の落雷や水災といった自然災害の他にも、突発的な事故や盗難による被害など、さまざまな補償が可能です。

ただし、あれもこれもと補償を充実させると保険料が高額になり、収支のバランスが崩れてしまう恐れも。

自治体が公表しているハザードマップを参考に、発生頻度の高い災害に対応できる補償を選ぶのがおすすめです。

不動産投資のその他のリスクと対策方法

不動産投資のリスクは人的なものと環境によるものだけではありません。

その他にも考えられるリスクは三つです。

さまざまな角度から起こりうるリスクを予測して、「面倒だ」「たいへんだ」と億劫に思わずにしっかり対策をしましょう。

入念な対策が、不動産投資での成功に繋がります。

修繕リスク

建物は、新築当初はピカピカでも年月が経つと、経年劣化が生じます。

あまりにも劣化がひどい状態では、入居希望者が現れないでしょう。

入居需要を維持するためには、定期的なメンテナンスや大掛かりな修繕が必要です。

しかし、いざ修繕をしようと思っても、その費用は高額。何も対策をしてなければ、修繕費用が賄うことは難しいもの。

家賃収入を全額ローン返済に充ててしまわずに、修繕に備える積み立ても考慮した返済計画を立てることが大切です。

手続きに手間がかかるリスク

不動産投資は、「買いたい」「売りたい」のやり取りだけで成約はできないものです。

また、入居希望者が見つかっても、即日入居は難しいでしょう。

売買のための手続きや賃貸契約のための手続きといった手間がかかるリスクがあります。

すべて自分で抱えてしまうよりも、信頼できる不動産会社や管理会社に任せられる部分はしっかり頼ることで負担が軽くなります。

不動産投資の悩みのタネの一つである確定申告も、税金のプロである税理士に依頼するのもいいでしょう。
頼りになるビジネスパートナーと手を取り、不動産投資を成功させてください。

価格変動リスク

価格変動リスクとは、所有している不動産を将来、手放すときに起こるリスクです。

物件を売却した利益で新たな不動産を所有することもあるでしょう。

そのようなときに不動産の価値が大幅に上昇していれば、大きな利益が手に入ります。

しかし反対に、想定外の下落ししていると、大損です。

価格変動リスクを少しでも抑えるには、入居需要の多い物件を選ぶことがポイント。

入居希望者が多い地域であれば、安定した収入を得やすく、不動産の価値が大きく下がることもないでしょう。

不動産会社選びが不動産投資の成功を左右する

不動産投資を成功させるには、不動産会社選びがとても重要です。

メリットばかり伝える不動産会社が良いとは限りません。不動産投資には、必ずリスクがあります。

リスクやデメリットを丁寧に説明をしてもらえるような不動産会社を選ぶようにしましょう。

また、物件を購入後のフォロー体制が手厚さも要チェックです。

不動産投資は物件の購入で、ようやくスタートラインに立ったところです。

長い期間、良きパートナーとして付き合える不動産会社を見つけてください。

まとめ

不動産投資で失敗しないためには、「購入した物件で安定した家賃収入を得られるかどうか」を見極めることが大切です。

また、メリットばかりでなくリスクもしっかり把握したうえで、不動産投資が自分に合っているのかを判断してください。

少しでも迷ったら信用できる不動産会社に相談することも忘れないようにしましょう。

中山不動産では、不動産投資のノウハウが学べるセミナーや個別相談会を実施しています。
「不動産投資に興味がある」「成功の秘訣を知りたい」とお考えの方は、ぜひお気軽にお申し込みください。

お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ
  1. この記事へのコメントはありません。