【保存版】不動産投資はいくらから始められる?年収500万円で買える物件は?

伊東

こんにちは。
不動産エバンジェリスト伊東です。

「不動産投資ってお金がないと始められないでしょう?」
「投資できるほどの自己資金なんてどこにもない…」
「不動産投資を始めるにはどれくらいの年収が必要?」
不動産投資に興味を持っても、自分の年収では始められないと思い込んでいる人もいるのではないでしょうか。

このページでは、不動産投資はいくらから始められるのか、少ない自己資金でも不動産投資を始められる理由、不動産投資の年収に対する融資額はどれくらいかなどについて解説します。

これさえ読めば、少ない自己資金でも不動産投資は始められます。

不動産投資はいくらから始められる?

不動産投資はどれくらいの資金や年収があれば始められるのでしょうか。

国税庁が発表した「民間給与実態統計調査(令和元年分 )」によれば、給与所得者数は5,255 万人で、その平均給与は 436 万円との記載があります。

不動産投資は、不動産を購入する必要があるので、お金持ちしかできないと思っている人もたくさんいるかもしれませんがそんなことはありません。

年収いくらくらいが不動産投資を始めることができる基準なのか、また頭金や自己資金の違いについても説明します。

年収700万円以上が基準って本当?

不動産投資を始められる年収の基準とはどのくらいでしょう。

年収700万円以上が基準だという噂もありますが、これに関しては自営業や不安定な職業の場合で、一般的な企業だとまた変わってきます。

審査基準が厳しい都市銀行やメガバンクでは最低限の年収が求められることもありますが、融資先の金融会社にこだわりがなければ、年収500万ほどでも不動産投資家になれます。

購入予定の不動産の金額にもよりますが、日本政策金融公庫や商工中金など年収が低くても融資に積極的な金融機関もあります。

年収を理由にして不動産投資をあきらめる必要はありません。

そもそも頭金と自己資金の違いは?

不動産購入のとき聞かれることが多い「頭金」と「自己資金」の違いをご存知でしょうか。

頭金は物件の価格から融資額(住宅ローンの金額)を引いた額のことです。

融資額を少なくするため、建築費や購入代金で融資より前に負担する金額です。

一般的に頭金は不動産購入価格の3割程度必要だといわれています。

自己資金とは、頭金にくわえ、不動産を購入するために必要な購入諸費用(不動産仲介手数料、印紙税、司法書士費用など)を足した金額のことです。融資以外で用意するお金のことです。

少ない自己資金でも不動産投資を始められる理由

一般的には頭金は不動産投購入価格の3割程度あると融資も安心だといわれています。

自己資金がたくさん用意できると、融資の額は少なくて済むので月々の返済額は少なくなります。

しかし、資金すべてを頭金にしてしまうと、諸費用や思わぬ出費のときに困るでしょう。

不動産投資は

  • 物件を担保にできる
  • 収益を確保しやすい
  • 物件が値上がりすることもある

などの理由から少ない自己資金でも投資を始められます。

物件を担保にできる

頭金なしのフルローンで物件を購入すると手元に現金は残りますが、金利の負担や月々のローン額は大きくなります。

融資の額が増えると金融機関としてもリスクが高くなります。

しかし、不動産投資では担保がしっかりとしているので少ない自己資金でも融資を受けられることも。

担保とは、将来生じるかもしれない不測の事態に備え、債権者(金融機関)があらかじめ弁済確保のために債務者(お金を借りる人)に提供させる資産のことです。

不動産投資では、購入する物件や不動産に抵当権をかけて担保とします。

これにより、不動産投資家は少ない自己資金でも不動産投資を始められます。

収益を確保しやすい

不動産投資は「運用益」「売却益」という収益の柱が2つです。

「運用益」とは毎月の家賃収入のことです。

短期間で大きな収益は得られないものの、リスクを管理すれば毎月長期にわたって収益を確保できます。

さらに、「売却益」は不動産を売買したときに得られる利益のことです。

不動産投資をしていると不動産そのものの価値が上がるといったこともあるでしょう。

収益を出す方法が2つあることで不動産投資は収益を確保しやすいといえます。

物件が値上がりすることもある

不動産投資の収益の出し方の1つに「売却益」があると説明しました。

不動産投資をしていると物件の値上がりすることがあります。

価値が上がったらそのまま売却できますし、タイミングをみて家賃を上げることも可能です。

値上がりする不動産投資の特徴は

  • 駅から近く、周辺の環境が整っている
  • 再開発が行われるエリアにある
  • 人口が上昇傾向にある都市部
  • 中古不動産でも立地がいい

中古物件でも入居率が高く価値の上がる不動産もあるので不動産購入のときには参考にしてください。

不動産投資の年収に対する融資額はいくら?

「不動産投資を始めたけど、自分の年収だと融資額はいくら?」と考えたこともあるのではないでしょうか。

年収と融資額には密接な関係があります。

  • 区分マンション投資は年収の「7倍」
  • 一棟投資物件は年収700万円

この程度が目安だといわれており、その理由を詳しく解説します。

区分マンション投資は年収の「7倍」が目安

区分マンション投資は、一般的に年収の7倍が一つの目安です。

例えば自己資金がない場合、年収400万円の場合は2,800万円が融資の目安になります。

もし、自己資金額の提示や頭金が多く用意できれば融資金額が増える可能性もあります。

一般的にいわれる年収の「7倍」というのはあくまでも目安であり、購入予定の物件や金融機関、自己資金額や職業によって条件が異なるでしょう。

区分マンション投資に興味がある方は、自己資金を準備をするための目安にしてみてください。

一棟投資物件は年収700万円が目安

一棟投資物件とは、アパートやマンションを一棟丸ごと購入し、入居者を募り家賃収入を得る不動産投資です。

一棟投資物件は建物全体の修繕や管理の義務は発生します。

設備の入れ替えなどもあり、運用中の費用は高額になることが予想されるでしょう。

融資のハードルが上がるため、年収700万円が目安と考えてください。

金融機関によっては年収1,000万円を目安としているところもあります。

もちろん、自己資金が多ければ多いほど融資枠が優遇されるので、一概に年収700万円以上ないと借りられないというわけではありません。

年収500万円でも不動産投資は始められる?

年収700万円から1,000万円が目安などというと、収入の多い人しか不動産投資には参入できないと思うかもしれませんが、そのようなことはありません。

年収が500万円でも、専業主婦でも不動産投資を始めている人はいます。

年収が高くない人におすすめなのが、中古ワンルームマンション投資です。

逆に、予算に余裕があれば、アパート一棟投資を検討してみてください。

その理由について詳しく解説します。

投資対象は中古ワンルームマンションが狙い目

自己資金が十分でなく年収は500万以下、もしくは自由にできるお金があまりないという人におすすめしたいのが中古ワンルームマンション投資です。

中古ワンルームマンションは初期費用を抑えることができるだけでなく、利回りが高い物件も多いため、十分にキャッシュフローを増やすことができるでしょう。

中古ワンルームマンションであれば、名古屋市内の物件でも修繕費を含めても1,000万以下から2,000万円程度で手に入ります。

ローンを組んでも比較的返済しやすく毎月の負担を軽減できるのもメリットです。 

予算に余裕があればアパート一棟投資がおすすめ

一棟投資とは、マンションの1室を買い取るのではなく、マンションやアパートなどを一棟購入して家賃収入や売却益で利益を得る投資方法です。

総収入が多いため利回りも高く、空室リスクも減り運営の自由度が高いのが特徴です。

ワンルームマンション投資の場合、一室を所有しているだけだと入居者がいなければ収入はゼロになるどころか、大きくマイナス収支になることもあるでしょう。

しかし、アパート一棟投資の場合は、1部屋が空室になってもほかの部屋の賃貸収入があるので収入がゼロになるリスクを最小限に抑えられます。

まとめ:不動産投資はサラリーマンでも成功できる!

不動産投資は、少ない自己資金でも始めることができます。
年収や自己資金によって選べる投資方法は多種多様です。

どの不動産投資が自分に向いているのか、まずご相談ください。

中山不動産では、名古屋市内の人気エリアにある中古ワンルームマンションを数多く用意しています。
高利回りで初心者にもおすすめの物件なので、興味のある方はぜひお問い合わせください。


お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ
  1. この記事へのコメントはありません。