【保存版】あなたはどっち?不動産投資に向いてる人と向かない人の特徴を紹介

伊東

こんにちは。
中山不動産株式会社 不動産エバンジェリスト伊東です。

「不動産投資が向いている人ってどんな人?」
「不動産投資って一部の人にしかできないことなの?」
「不動産投資で成功している人たちには共通点があるって本当?」
不動産投資に興味を持っていても、本当に自分にできるものなのかなと不安に思っている人もいるのではないでしょうか。

ただ、向いている人と向いていない人がいることも確かです。
不動産投資で成功しているほとんどの人はある共通の特徴を持っています。

今回は、不動産投資が向いている人の傾向と条件について解説します。
ページの最後には不動産投資適性診断チェックシートを作成しましたので最後までご覧ください。

不動産投資家は大きく3タイプに分かれる

不動産投資家には大きく以下の3タイプに分けられます。

  • 資産運用タイプ
  • リスクヘッジタイプ
  • 節税タイプ

どのタイプが良いではなく、自分に向いているスタイルで投資をはじめることが大切です。

このなかで不動産投資をどのような方法で行うのが自分にあっているのか考えてみましょう。

資産運用タイプ

資産運用タイプには2つの方法があります。

  • 継続的な家賃収入を得る
  • 不動産を売って売却益を得る

不動産投資をする人のほとんどは、不動産を使って継続的な家賃収入を得る方法で資産運用しています。

不動産投資での資産運用は、株式投資やFXに比べるとほかの利回りも低く、ミドルリスク・ミドルリターンを狙った運用です。

不動産投資は家賃収入がなくなっても、不動産という価値は残り資産価値がゼロにはならないので、堅実的に資産運用をしたい人には不動産投資が向いています。

リスクヘッジタイプ

リスクヘッジとは将来起こる可能性のあるリスクを予測して、そのリスクに対応できる方法を模索することです。

リスクヘッジタイプが不動産投資をするのは、将来の金銭的な不安を少しでも解消するためです。

年金で足りない分を補填してくれる安定した収入として不動産投資を選ぶ人はたくさんいます。

若いうちに融資を受けて不動産を購入・運用することで、本業を引退したあとも年金だけではなく家賃収入をあわせた収入を得ることができます。

リスクヘッジタイプの人は、リタイアしたあともお金に不安を感じることなく生活できることを目指します。
ローン完済後は、賃貸に出していた不動産に住むことを計画している人もいます。

節税タイプ

所得税や住民税の節税効果を期待して不動産投資を行う節税タイプの人もいます。

不動産投資に節税効果が期待できる理由は、事業に使った分のお金を経費に計上できるからです。

不動産所得は家賃収入から経費を差し引いたものなので、経費がたくさん計上できれば所得を低く見積もることができます。
建物を取得したときの借入金利子も経費計上可能です。

さらに、不動産投資は相続対策としてもとても優秀です。
現金の場合、相続税評価額は額面通りですが、不動産運用の場合、資産価値は80%程度で評価されるのでその分相続税が少なくてすみます。

不動産投資に向いてる人の特徴

では、不動産投資に向いている人の特徴とはどのようなタイプの人なのでしょうか。

たくさんの不動産投資家のお手伝いをしている中山不動産に勤めているからこそ感じる、不動産投資に成功している人の性格や特徴をまとめました。

真面目で几帳面な性格

不動産投資で成功している人たちはみんな真面目で几帳面な性格をしています。
不動産投資は、綿密で長期的な計画とその計画を一つずつクリアしていく几帳面さが大切です。

また、不動産投資は専門知識を勉強する必要もあり、勉強熱心な人が成功しやすい投資です。
賃貸の相場や税金、保険に関する知識などを身に着けると、再現性も高く勉強の成果も出やすくなります。

これらの理由からも、不動産投資には真面目で几帳面な性格の人が向いています。

行動力と決断力がある

物件との出会いは一期一会です。
株式投資やFXと違い、不動産投資は人と接する機会の多い投資です。
融資を受けるときや、物件をさがすとき、入居者を決めるときも例外ではありません。

金額も大きいので、自分で物件を決めることや契約を結ぶときは決断力が必要です。
不動産投資をはじめたいと思ったときの行動力もそうです。

何かをはじめようと思うとき、実際に行動にうつせる人でないと不動産投資で成功はできません。

もし、物件の購入時やどこまでリフォームするのか、また入居者からのクレーム対応など、自分の意志や思いをしっかり人に伝えることができるようになりましょう。

長期的に物事を考えられる

不動産投資は30年近くのローンを組み物件購入をしリフォーム工事を行うので、金銭的にはマイナスのスタートからになります。
長期的に物事を考えられないと全体の収支のバランスが見えず投資がうまくいっていることを実感できません。
ほかの投資と比べても、長期的な計画が必要になります。

目先のことしか興味を持てない人や、先の事が考えられない人には向いていません。

物件の購入から維持・管理、最後にはその物件に自分が住むのか売却してしまうのか、長期的なスケジュールを組んで長い目で計画できる人は不動産投資が向いているといえます。

不動産投資に向かない人の特徴

ここまで不動産投資に向いている人の特徴について説明してきましたが、不動産投資に向かない人はどのような人なのでしょうか。

  • リスクを一切負いたくない人
  • 他人の意見に流されやすい人
  • 決断を先延ばしにしがちな人

このような人は不動産投資をはじめ、投資自体に向いていない人だといえます。

リスクを一切負いたくない

不動産投資はもちろん、投資にはリスクがつきものです。
リスクのない投資はありません。
一切リスクを負いたくない人に不動産投資はおすすめできません。

不動産投資は、

  • 不動産ローンの借金リスク
  • 空室リスクによる家賃収入の減少
  • 災害リスクで資産を失う可能性
  • 金利上昇リスクで返済額が増える
  • 不動産価格下落リスク

など、さまざまなリスクが考えられます。

しかし、リスクに備える対策があれば安心です。
不動産投資のリスクと対策に関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

【超重要】初心者が不動産投資をはじめる前に知っておきたい注意点

他人の意見に流されやすい

不動産投資は大なり小なり選択と決断の連続です。
どの不動産会社でどんな物件を選ぶのか、不動産投資融資を受けるのか、住宅ローンはどこの金融機関にお願いするのかなど1つ1つ自分で選ばなくてはいけません。

もし選んだ不動産会社がよくない会社だと、買い手のつかないような不動産をすすめられるかもしれません。

他人の意見に流されやすい人は、不動産投資のような決定しなくてはいけないことがたくさんある投資には向いていません。

決断を先延ばしにしがち

不動産をはじめ、投資はその場で決断できる力が必要です。

決断すべきことを先延ばしにしてしまうと、いろんなご縁を逃してしまうことがあります。
適切なタイミングで決断をし、次々と計画をすすめていくことで不動産は利益をもたらせてくれます。

「いまは大丈夫」「まだ大丈夫」と先延ばしにしてしまうと利益が発生しないまま時間だけが過ぎてしまったり、空き家の状態が長く続いてしまったり、さまざまなリスク対策ができないままになってしまいます。

不動産投資適性診断チェック

不動産投資に適正があるかどうかをチェックするシートを作成しました。

チェック項目を見て当てはまる項目が多ければ多いほど、不動産投資をする適正がある人です。

〇か✕不動産投資適性診断チェック
融資を受けることを前向きに考えられる
なんでも1人でやろうとせず人の助けも借りられる
勉強することが苦にならない
ハイリスクハイリターンよりもローリスク・ローリターン
不労所得がほしいと思っている
将来に金銭的不安がある(お金に興味がある)
DIYやリフォーム・メンテナンスが好き
長期的な計画を立てたり長期で物事を考えることができる
自分の考えに自信を持ち、決断力がある人
コミュニケーション能力が高い

まとめ

不動産投資は人によって向き不向きがあります。
しかし、すべての項目に当てはまっていなければいけないというわけではありません。

もし不動産投資に興味があれば、あなたに不動産投資の適正があるかどうかを知るためにも不動産投資セミナーへの参加をおすすめします。

中山不動産では定期的に不動産投資のセミナーを開催しています。
「利回り8%~始める新築木造アパート説明会」や「初心者向け少額で始める不動産経営勉強会」「未公開物件の個別相談会」など、興味があればぜひお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ
  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP