【保存版】不動産投資に役立つおすすめの資格は?成功するためのポイントを解説

こんにちは。
中山不動産株式会社です。

「不動産投資は、資格なしでは成功は難しそう」「無資格だけど物件を貸し出しても良いの?」など、不動産投資の資格取得について悩む方も少なくないでしょう。
まったく資格がないよりも何か持っていた方が、自信につながるものです。

この記事では、不動産投資に役立つおすすめの資格を紹介します。

また、成功するためのポイントも詳しく解説しますので、「不動産投資で成功するには資格は必須なのだろうか」と不安に思っている方はぜひ、参考にしてください。

Contents

不動産投資を始めるのに資格は必要?

不動産投資を始めるのに資格が必要だと思っている方も少なくないでしょう。
不動産業界特有の専門用語は聞き慣れないものが多く、理解が難しく感じます。
しかし、不動産投資には必須の資格がありません。
資格を持っていなくても、不動産投資で成功するには学ぶ姿勢を忘れないようにしましょう。

不動産投資は資格がなくても始められる

資格を保有せずに、不動産投資を始めている方は多くいます。
不動産投資を始めるまでに比較・検討・購入とステップを踏みますが、どれも資格がなくてもできるものばかりです。

不動産購入に必要な自己資金を用意したり、金融機関でローン契約したりして、お金が準備できれば誰でもスタートできます。

「資格不要=勉強不要」ではない

資格は不要だから何もしなくて良いというわけではありません。
不動産投資にはさまざまなリスクが伴います。
そのリスクを少しでも軽減するための対策を取り、収益アップにつながる勉強が必要です。
また不動産投資を始めると、重大な決断を迫られることもあるでしょう。
日頃から勉強していれば、「なぜその決断が良いのか」をきちんと理解したうえで行動ができます。

資格の勉強は不動産投資に役立つ

資格の保有は不要でも、勉強したことは不動産投資に役立ちます。
何も知識がなければ、不動産会社が話す内容のすべてを鵜呑みにするかもしれません。
しかし、資格取得のために勉強し、専門知識を身につけると自分自身で「正しい情報」と「正しくない情報」を取捨選択できるでしょう。
悪質な不動産会社から身を守り、不動産投資を成功へと導くために勉強は必要です。

不動産投資に役立つ資格①宅地建物取引士(宅建)

宅地建物取引士は、不動産投資に役立つ資格の一つです。
「宅建」の言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。
宅地建物取引士がどのような資格なのか、不動産投資におすすめと言われているその理由を紹介します。

宅地建物取引士とは?

宅地建物取引士とは、不動産売買や賃貸契約に関する知識を保有する専門家です。
民法や借地借家法、不動産登記法など不動産投資にも役立つ法律を広く学びます。

合格率は約15%でやや難易度は高めですが、毎年20万人前後の人数が受験するほど人気の国家試験です。
不動産会社では従業員5名に対し1名の割合で、宅地建物取引士の設置が求められています。

宅地建物取引士が不動産投資におすすめの理由

不動産投資に宅地建物取引士がおすすめの理由は、幅広い法律の知識を身につけられるからです。
不動産売買で不動産会社から説明をされる「重要事項説明書」の内容をきちんと理解したうえで、契約に進められます。
契約書の細かなところまで気づけるようにもなるでしょう。
不動産会社も「素人相手ではない」と緊張感を持つため、丁寧な対応に期待が高まります。

不動産投資に役立つ資格②不動産実務検定(大家検定)

大家検定とも呼ばれる不動産実務検定も不動産投資に役立つ資格です。
不動産投資用物件の大家になる前のタイミングで資格を取得しておくと、自信を持って運用ができるのではないでしょうか。
資格の概要とおすすめの理由を紹介します。

不動産実務検定とは?

不動産実務検定とは、民間資格の一つです。
誰でも受験でき、不動産投資に必要な知識や技能を幅広く学べます。
資格は「2級・1級・マスター」の3段階です。2級は賃貸管理運営について、1級は不動産投資や土地活用について、マスターは不動産コンサルを含めた総合的な知識が学べます。
実務に活かせる知識が豊富なため、不動産経営の大家を目指す方や現在運用中の方におすすめの検定試験です。

不動産実務検定が不動産投資におすすめの理由

不動産実務検定では、大家が学んでおきたい基礎的な知識を習得できる点が不動産投資におすすめの理由です。
2級の賃貸管理運営では空室リスクを避けるための対策やコストを下げたリフォームの方法など、大家として知りたい知識がたくさん盛り込まれています。
1級では不動産投資の応用や具体的な税金対策など、長期的に運用し続けるためのコツが習得可能です。

不動産投資に役立つ資格③FP技能検定(ファイナンシャルプランナー)

FP技能検定も不動産投資に役立つ資格の一つです。
ファイナンシャルプランナーと聞くと、保険の相談で耳にした方もいるのではないでしょうか。
ファイナンシャルプランナーは保険分野だけの専門家ではありません。
不動産や保険、貯蓄など資産運用に関する幅広い知識を持った専門家です。

FP技能検定とは?

FP技能検定とは、3級・2級・1級の3段階に分かれている資格試験です。
不動産や保険、税金、相続など幅広く学習できます。
不動産投資をするなら3級もしくは2級の取得を目指しましょう。
3級は誰でも受験できますが、2級は受験資格が定められている点に注意してください。
2年以上の実務経験、所定の研修の終了、3級の合格のうちいずれかが求められます。

FP技能検定が不動産投資におすすめの理由

不動産投資そのものの知識が得られるわけではありませんが、FP技能検定も役立つ資格です。
不動産投資で資産を運用していくには、お金の流れをきちんと理解しておく必要もあります。
資産運用について幅広く学べるFP技能検定は、不動産投資の戦略を立てる際に活躍します。
経営のシミュレーションをしたり、売却のタイミングを見計らったりなど、いざというときに発揮できる資格です。

不動産投資に役立つ資格④日商簿記検定

経理担当の方が持つものというイメージが強い日商簿記検定も、不動産投資に役立ちます。
不動産投資用の物件を所有し運用するオーナーとして、お金の管理は必要です。
日々の経営を支えるための資格が日商簿記と言えるでしょう。

日商簿記検定とは?

日商簿記検定は、原価計算初級・簿記初級・3級・2級・1級の5段階に分かれます。
企業の経理担当者だけでなく、利益率を把握したい営業マンや税務申告を自分でおこなうなど、さまざまな方が受験する資格です。
3級であれば、合格率が40%〜60%ほどですので比較的取得しやすいでしょう。
ネット試験なら毎月定期的に実施されているため、各自の学びのスピードに合わせて好きなタイミングで受験可能です。

日商簿記検定が不動産投資におすすめの理由

不動産投資ではお金の流れを把握し、キャッシュフローに問題がないかをチェックすることが大切です。
簿記の資格があれば、収支バランスをより詳しく把握できます。
また、確定申告をするときにも簿記の知識は大きく役立つため、取得して損はありません。
税制面でたくさんの優遇を受けられる「青色申告」をする場合、複式簿記の帳簿が必要です。
簿記の知識があれば複式簿記がスムーズに作成できるでしょう。

不動産投資に役立つ資格⑤賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士も不動産投資に役立つ資格の一つです。
宅建やファイナンシャルプランナーなどこれまでに紹介してきた資格とは異なり、「初めて聞いた」という方もいるかもしれません。
資格の概要とおすすめする理由を紹介します。

賃貸不動産経営管理士とは?

賃貸不動産経営管理士とは、その名前の通り賃貸不動産の経営に関する専門家です。
この資格試験ができた当初は民間資格でしたが、2021年4月から国土交通省の省令により国家資格へと昇格しました。

賃貸不動産経営管理士は、貸す側と借りる側それぞれのトラブルを防ぎ、適切な資産運用と安心安全な暮らしの提供ができるよう物件の管理をおこなう重要なポジションです。

賃貸不動産経営管理士が不動産投資におすすめの理由

不動産投資用の物件を管理し維持していくために、賃貸不動産経営管理士の資格がとても役立ちます。
入居者からの苦情対応や敷金礼金などのお金の管理などが、賃貸不動産経営管理士の仕事です。
また保有する不動産投資用物件は、いつかは修繕が必要になる時期がやってくるでしょう。
そのときに備えた修繕計画の策定も賃貸不動産経営管理士の業務に含まれているため、自身の物件を自分で管理ができます。

不動産投資に役立つ資格⑥マンション管理士

最後におすすめする資格は、マンション管理士です。
区分マンションの管理組合の目線に立ち、相談やアドバイスをおこないます。

管理組合運営や建物の構造などの深い知識を保有する専門家です。
建物を管理をするというよりは、コンサルタントやアドバイザーとしての役割を担っています。

マンション管理士とは?

マンション管理士は、国家資格の一つです。
合格率は例年8%〜9%ほどのため、これまで紹介してきた資格よりも難易度の高さが際立ちます。
マンションを適正に管理していくには、管理組合の運営や長期的な計画による修繕プランなどさまざまな専門知識が必要です。
しかし、管理組合に所属しているマンションの所有者全員が、専門知識を持っているとは限りません。
そこでマンション管理士がアドバイスをして、管理組合を支えていきます。

マンション管理士が不動産投資におすすめの理由

マンションを管理し運営する立場の知識を得られるため、不動産投資にマンション管理士の資格が役立ちます。
自分が保有するふと動産投資用物件の理事会や総会に参加することもあるでしょう。
そのようなときに、マンション管理士の資格があると、管理組合視点での考え方を把握できているため、話し合いがスムーズに進められます。

不動産投資のために資格を取得するメリット

不動産投資のために資格を取得する2つのメリットをご紹介します。
資格はあった方が、より成功への近道となるでしょう。

専門的な知識が身に付く

不動産投資には、不動産売買、不動産管理、ローン、税金など専門知識が必要になる場面が出てきます。
資格を取得し専門知識を身に付けていれば、プロ目線で判断できる可能性が高くなるでしょう。

また、不動産会社からカモにされにくくなる点もメリットです。
親身に相談に乗り、適切なアドバイスをする優良な不動産会社ばかりではありません。
中には「知識がないから、適当なことを言っても大丈夫だろう」と良くない不動産会社も存在します。
資格を保有していると、そのような被害から身を守れます。

下記関連記事では、よくある不動産投資の手口や注意すべき不動産会社の営業トークを解説します。

取引相手からの信用度が上がる

不動産投資に役立つ資格を持っていると、取引相手である不動産会社や金融機関からの信用度が上がります。
取引相手から信用を得られるかどうかは不動産投資において、とても重要なポイントです。

良い関係を築き上げることで、何か困ったことや不安に思うことが発生した場合に、適切なフォローが受けられるでしょう。
信用度を上げ、長期間安定した投資を続けるためにも、資格取得には大きなメリットがあります。

不動産投資の資格を取得する注意点

専門知識が身に付くだけでなく、取引相手からの信用度を高める効果のある資格取得ですが、注意点もあります。
デメリットも把握したうえで、「本当に自分にとって、資格取得が必要なのか」を判断しましょう。

資格取得には時間やお金がかかる

資格取得には、そのための勉強に時間もお金もかかります。
より高度な専門知識が問われる資格ほど、精神的にも体力的にも負担になることも。
資格の勉強に追われ、体調を崩してしまっては元も子もありません。
「資格の勉強をしよう」と考えたときには、必要な勉強時間の目安や難易度などをチェックしてください。
本業とのバランスを把握した上で、無理なく取り組めるかどうかを判断しましょう。

資格取得を目的にしない

資格取得が目的にならないよう、注意が必要です。
資格があれば、不動産投資を有利に進められます。

また、取引相手からの信用度が高まり、良好な関係を築きやすくなる効果にも期待できるでしょう。
しかし本来、不動産投資は資格がなくても始められます。
そのことを常に意識してください。
資格取得が目的となってしまっては、「合格を目指さなければいけない」と、プレッシャーも大きいものです。
「投資に必要な知識を得るために、資格取得の勉強をしている」と考えることで、心理的な負担軽減にもつながります。

不動産投資には知識を増やす勉強が必要

不動産投資は、資金があれば成功するものではありません。
知識を増やすための勉強をして、実際におこなってみることが必要です。
ここでは、資格取得よりも重視したい役立つ知識取得の方法を紹介します。

不動産投資の本で情報収集

不動産投資に関連した書籍は、たくさん出版されています。
初心者向けに書かれた本を読み、全体の流れや戦略など、情報収集するのも不動産投資の知識を深めるのにとても役立つ方法です。
一冊の内容だけを鵜呑みにせず、さまざまな考え方を知り自分に合った方法を見つけていきましょう。
投資にはリスクは付き物であることを忘れてはいけません。
メリットだけでなく、デメリットについても詳しく解説されている本を選ぶのがポイントです。

不動産投資について書かれた本は初心者向けから中上級者向けの専門的なものまで幅広く出版されており、どの本を読めば良いのかわからない人もいるでしょう。
大切なのは、自分の知識レベルに合わせた読みやすい本を選ぶことです。
下記関連記事では、不動産投資の初心者に読んで欲しいおすすめの本を紹介しています。

不動産投資セミナーに参加する

不動産業界のリアルな情報が手に入る不動産投資セミナーに、積極的に参加してみましょう。
不動産投資に興味関心がある人たちと繋がり、情報交換ができるのもセミナーならではのメリットです。
不動産投資家によるものや不動産会社によるものなど、主催者により得られる情報に違いがあります。
概要や主催者のプロフィールなどをチェックし、「不動産投資の知識を得たい」と思えるセミナーを選んでください。

まとめ

不動産投資を始めるのには、特別な資格は不要です。
しかし、まったく知識が要らないというわけではありません。
成功させるには、適切な知識を習得し、しっかり活用していくことがポイントです。

中山不動産では、初めて不動産オーナーになる方向けのセミナーや名古屋市内に特化した不動産投資情報を提供するセミナーなどを開催しています。
不動産の知識が豊富な専門家が、わかりやすくご紹介しますので、ぜひご参加ください。
疑問に思うことや不安なことを解消して、不動産投資を始めましょう。

お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ
  1. この記事へのコメントはありません。