【必見】不動産投資の成功率を高めるコツを伝授|初心者が失敗しないためには

こんにちは。
中山不動産株式会社です。

「不動産投資は難しいイメージがあるから、成功率も低そう」
「どれくらいの人が成功しているのだろう」
収入源や資産を増やす手段として、不動産投資を始めたいと考える方もいるでしょう。
しかし、気がかりなのは、不動産投資の成功率です。知識が必要な分、成功率が低そうだからと、始めたくても二の足を踏む要因になっているかもしれません。

この記事では、不動産投資の成功率を高めるコツを伝授します。
これから不動産投資を始める方や初心者が失敗しないためには、把握しておきたい情報ばかりです。
ぜひ、参考にしてください。

不動産投資の成功率はどれくらい?

不動産投資の成功率はどれくらいなのでしょうか。
たとえば、資格試験で合格率80%であれば、「取得しやすそう」と見当できます。
一方で合格率5%なら、「難易度が高く、取得までに苦労するだろう」と予測ができるものです。
不動産投資の成功率を見て、「自分にもチャレンジできるかどうかの判断材料にしたい」と考える方もいるでしょう。

公的な統計データでは「不動産所得がある人の割合」は算出されていますが、成功率は提示されていません。
そもそも成功の定義が人によって異なります。
そのため、「成功率は◯%」と具体的な数字を出せないのが現状です。

不動産投資における成功率の考え方

不動産投資における成功率の考え方を解説します。
公的な統計データがないからこそ、何を持って成功と言えるのか、どのような状態が失敗とされるのかを把握することは大切です。
成功と失敗の定義を今一度、チェックしてみましょう。

どこに目標を設定するかで成功率も変わる

不動産投資は、どこに目標設定するかにより成功率が変わります。
不動産投資を始める理由は、人それぞれ異なるものです。

  • 副業でお小遣い稼ぎができれば良い
  • 家賃収入で生活できる程度になりたい
  • 将来に備えた貯金ができるようになれば良い
  • 不動産投資を事業として大きく収益を上げたい

このように、不動産投資で収益を上げると言っても、「稼ぎたい目標額」は異なります。
月に15万円の家賃収入があったとしましょう。
お小遣い稼ぎ程度を目標としている場合には、大きな成功と言えます。
しかし、不動産投資を事業として成立させたいという目標を立てているなら、月に15万円の収入では失敗と考えるかもしれません。
まずは、どんな目標で始めるのかを明確にして、不動産投資を始めるようにしてください。

不動産投資の失敗の定義から考える

成功の定義は人それぞれですが、共通認識で失敗とされている基準は「トータルで赤字になる」ことです。
そのため、赤字にならない不動産経営をすることが大切です。

不動産投資は、短期間保有して、すぐに売り飛ばして収益を得るものではありません。
長い期間運用して利益を積み上げていきます。
家賃収入から住宅ローン返済や維持費、管理費などの支出に対応し、完済後に、プラスになっていれば失敗ではありません。
短絡的に考えることなく長い目で判断する力が、不動産投資を成功させるには必要でしょう。

不動産投資の成功率が下がる人に共通する特徴

ここでは、不動産投資の成功率が下がる人に共通する3つの特徴を紹介します。
失敗をするのには、必ず理由があるものです。
不動産投資をこれから始める方は、成功率が下がる人の特徴を知り、取り組み方に注意をしましょう。
大きな失敗を避けるために、ぜひ確認してください。

成功率が下がる人の特徴①学ぼうとしない

不動産投資用の物件は、管理会社に管理を委託する方がほとんどでしょう。
管理会社にお願いをしているからと言って、任せっきりにして学ぼうとしない人は、不動産投資の成功率が下がります。

不動産投資は、そもそも入居者がいなくては成り立ちません。
物件の立地条件や周辺の家賃相場、人気の室内設備など入居需要の高い優良物件を選ぶ目を養う必要があります。
収益を得やすい物件選びには重要です。
自ら学ぼうとしない人は、営業マンの口車に乗せられ、不良物件を購入する羽目になるかもしれません。

成功率が下がる人の特徴②計画性がない

計画性のない人も要注意です。
家賃収入は、その全額が収益にはなりません。
住宅ローンの返済や納税、物件の管理費、修繕費などさまざまな費用が出ていきます。
もしかしたら、予定もしていない突発的な支出が発生するかもしれません。
空室が発生することもあるでしょう。

もしもの事態に対応できるだけの計画性が不動産投資には必要です。
住宅ローンは20年や30年かけて返済していきます。
途中で返済が滞ることなく完済するために、しっかりと計画を立てるようにしてください。

成功率が下がる人の特徴③目先の利益しか見ていない

行きあたりばったりで、目先の利益しか見ていない人は、不動産投資に行き詰まりやすくなります。
「物件が相場より安く買えるから」「今人気のエリアだから」といった理由だけで判断して、購入するのはやめましょう。

不動産投資は短期間では収益は得られません。
長期間、安定して収入が得られる物件を保有することで、収益を上げていきます。
相場より安い物件は、何かしらの問題点を抱えている可能性も。また、「今人気のエリア」は、将来も入居需要があるとは限りません。
目先の利益だけにとらわれないようにしましょう。

不動産投資の成功率を高める4つのコツ

最後に、不動産投資で成功率を高める4つのコツを紹介します。
不動産投資は物件を運用していくうえで、リスクが伴うものです。
しかし、リスクを最小限に抑える方法はあります。

以下に挙げるコツを実行することで、大きな失敗は避けられるでしょう。
成功をコツコツ積み上げ、「不動産投資を始めて良かった」という思いを実感してみませんか。

成功率を高めるコツ①情報収集を欠かさない

不動産投資の成功率を高めるには、情報収集は欠かせません。
利回りやキャッシュフローについても自分で計算できるようになることもおすすめです。
不動産関連の法律や税金などの情報も学ぶと、より運用がしやすいでしょう。
本を読んだりインターネットで調べたりすると、およその知識は手に入ります。

下記関連記事では、「不動産投資とは」というテーマに沿って、基本的な知識だけでなく、メリット・リスクなども踏まえながら、わかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

しかし、より成功率を高めるなら、不動産業界の最新動向も必要な情報です。
自分だけでは、手に入れるのがなかなか難しいと悩む方も多くいるでしょう。
情報収集の場として、セミナーに参加するのも一つの方法です。
無料で有益な情報を提供するセミナーもあるので、ぜひ積極的に参加してください。

成功率を高めるコツ②家賃相場や需要を調査する

物件の立地条件や周辺地域の家賃相場、需要のある室内設備などを調査はとても大切です。
成功率を上げるには、入居需要の高い物件であることが重要ポイント。

部屋の間取りや内装はリフォームで、購入後でも変更できます。
しかし、周辺環境は変えられません。

入居者が求める需要はターゲットによって異なります。
たとえば、ファミリー層なら学校や公園に近い物件が好まれるでしょう。
単身者なら、コンビニや22時や23時まで開いているスーパーが徒歩圏内にある物件への需要が高い傾向にあります。不動産投資の成功に向けて、ターゲットの需要を入念に調査しましょう。

成功率を高めるコツ③諦めや妥協をしない

「ちょうど良さそうな物件がないから、これでも良いか」と諦めや妥協して、不動産投資を始めるのはやめましょう。
自己資金を用意し、銀行から多額の融資を受け、長期間にわたり返済をしていきます。
だからこそ、物件選びは慎重に検討し納得できるものを選ぶことが必要です。

妥協して選んだ物件は、いつか後悔する恐れも。
「あのとき、ああすれば良かった」という思いは、いつまで経っても心に残ります。
数十年と保有する物件は、さまざまな面から判断して慎重に慎重を重ねても問題ありません。

成功率を高めるコツ④信頼できるプロからアドバイスを受ける

自分一人で情報収集して、セミナーを受講しても不動産投資を始めるのに、不安な気持ちを抱えていませんか。
信頼できるプロからアドバイスを受けて、不動産投資の成功率を高めましょう。
プロからのアドバイスがあると不安が消え、とても頼もしく感じるものです。

しかし、どこからアドバイスを受けるのか選択肢がありすぎるのも、悩むポイントでしょう。
実は、大切なパートナー探しには、見つけ方のコツがあります。

不動産投資の頼もしいパートナーの見つけ方は、ぜひ下記サイトを参照してください。

まとめ:不動産投資の成功率を上げるならプロに相談しよう

不動産投資は、成功の定義がそもそも人によって異なるものです。
成功率が何%かという公的なデータもありません。

しかし、トータルで赤字になることが、どんな方でも当てはまる失敗と言えるでしょう。
不動産投資の成功率を上げるにはプロに相談するのが最善策です。
自ら学んで情報収集する姿勢を忘れてはいけません。

中山不動産では、最新の不動産情報や安定した経営のためのノウハウなど、不動産投資の不安解消のセミナーを実施中です。
愛知県・名古屋に特化した収益不動産の情報をわかりやすく丁寧にご紹介しています。
「不動産のプロに相談したいけれど、どこに聞けば……」とお悩みの方は、ぜひ一度中山不動産のセミナーにご参加ください。

お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ

  1. この記事へのコメントはありません。