シルバーウィークの引越しは避けるべき?9月の引越し料金相場は?

こんにちは。
中山不動産株式会社です。

9月は転勤や新学期開始のため引越し需要が高まってきます。
そして、引越しは時期や曜日によって料金が異なり、シルバーウィークのような大型連休は料金が高くなりがちです。
また、引越し時期を決めるためにはいくつかのポイントがあります。

そこで今回は、9月・10月の引越し費用相場や9月の縁起の良い日を紹介します。
また、9月の引越し料金を安くするポイントも紹介するためぜひ参考にしてください。

9月は引越し&転勤シーズン

9月は人事異動に伴う転勤などで引越す人が増えるので、1~3月の年始に次いで不動産業界や引越し業界が忙しくなる時期です。
ここでは、9月の物件探しや引越しの特徴を解説します。

転勤による引越しが増える

企業や業種によって異なりますが、決算または中間決算を区切りとして人事異動がおこなわれることが多く、3月決算の会社は9月が上半期最後の月にあたります。
そのため、下半期に向けて体制を整え始める時期に、人によっては引越す必要が出てきます。

特に、9月の後半にはシルバーウィークもあるため、転勤する方が長期連休の間に引越しを済ませようと需要が一気に高まる傾向にあります。
このような理由で、9月は転勤による引越しが増えるというわけです。

物件数が多く家賃交渉がしやすい

引越しの閑散期である7月〜8月に比べ、9月は転勤や大学の新学期開始に合わせて部屋探しや引越しをする人が多くなる時期です。
そのため、市場に出回る空き物件数が増え希望の条件を見つけやすくなります。

そして、物件数が増えると複数の不動産会社や物件を比較検討できるので、家賃交渉がしやすく、お得に家を借りられるかもしれません。

とはいえ、空き物件が埋まってしまう前に早めに行動しておくことが大切です。
もし気に入った物件があったら、契約の意思を伝えて家賃交渉してください。

9月と10月の引越しはどっちがおすすめ?

9月を過ぎても、10月上旬までの間は引越しが集中する時期が続きます。
そのため、いつまでに引越さないといけないと期限が決まっている方は、できるだけ早めに探しはじめ、予約が取りやすい時期から引越しを検討する方が良いといえます。
ここでは「距離」と「人数」別に平均費用を比較しました。
引越しの際の参考にしてください。

9月の引越し費用相場

9月の引越しは、10月に比べて予約が取りやすく料金も割安な傾向です。
しかし、9月後半のシルバーウィークは引越し予約が集中しやすいため早めの予約が必要です。

50km未満の人数別における引越し費用相場

単身の場合平均 32,000円
夫婦、カップル二人の場合平均 60,000円
家族3人以上平均 81,000円

200km未満の人数別における引越し費用相場

単身の場合平均 44,000円
夫婦、カップル二人の場合平均 92,000円
家族3人以上平均 125,000円

500km未満の人数別における引越し費用相場

単身の場合平均 48,000円
夫婦、カップル二人の場合平均 100,000円
家族3人以上平均 136,000円

参考:引越し侍

10月の引越し費用相場

10月上旬は、9月に続き引越し業界の「第二の繁忙期」と呼ばれています。
そのため、急ぎの引越しでない方は10月下旬から11月以降の方が引越し費用は安く抑えられる場合もあるでしょう。

50km未満の人数別における引越し費用相場

単身の場合平均 32,000円
夫婦、カップル二人の場合平均 65,000円
家族3人以上平均 100,000円

200km未満の人数別における引越し費用相場

単身の場合平均 45,000円
夫婦、カップル二人の場合平均 98,600円
家族3人以上平均 139,000円

500km未満の人数別における引越し費用相場

単身の場合平均 75,000円
夫婦、カップル二人の場合平均 110,000円
家族3人以上平均 150,000円

参考:引越し侍

引越しに縁起の良い日は?

せっかくの引越しは縁起の良い日におこないたいものです。
日本では婚約や結婚式の日として縁起の良い日があるように、引越す日として良いとされる日もあります。

ここからは、9月の引越しは縁起が良いのか、また「9月の縁起が良い日」を紹介します。

9月は引越しの縁起が悪い?

実は1月・5月・9月は一般的に引越しには縁起が悪い月といわれています。
その理由は、その昔引越し業者など存在しない時代に、正月や田植えなどの忙しい時期に周囲の手を借りるのは悪いと考えたからです。

とはいえ、現在の暮らしにはあまり関連性がない考え方なので、9月に引越したからといって周りから非難されたり災いが降りかかるわけでもありません。
そこで次に、9月の縁起が良い日について解説します。

9月で引越しに縁起の良い日はいつ?

「9月の縁起が良い日」といわれる日付は「大安(たいあん)」「大明日(だいみょうにち)」「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」の3種類があります。
それぞれ日付を表にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

2021年9月の縁起が良い日

名称日付理由
大安5日・10日・16日・22日六曜で特に吉の日
大明日5日・7日・8日・9日・10日・18日・19日
20日・21日・22日・26日・28日
物事の始まりを天が明るく照らしてくれる日
一粒万倍日1日・9日・16日・21日・28日開店や引越しなど何事を始めるにも良い日とされる

9月の引越し費用を安くするポイント

引越しの時期はさまざまな出費が重なるため、できるだけ費用は抑えたいところです。
少し意識するだけで余分な支払いを避けることができるかもしれません。
ここでは、9月の引越し費用を安くするためのポイントをいくつか紹介します。

シルバーウィークを避ける

シルバーウィークは9月下旬の大型連休です。
引越しは荷造りから荷解きまで作業量が多く、時間が必要です。
そのため、大型連休に引越し需要が高まり料金が高くなる傾向です。

このシルバーウィークを避けることで引越し費用を安くでき、さらに予約も取りやすくなります。
その準備として、早めの計画と引っ越しできる時間を確保できるように、スケジュールの調整をしておきましょう。

平日なら火・水・木曜日が狙い目

休日の引越しより平日の方が当然費用を抑えることができます。
しかし、平日でも曜日によって料金が安くなることがあります。
それは火・水・木曜日です。
なぜなら、月・金曜日は土日と連休が取りやすいからです。
三連休あれば、余裕を持って新居の片付けまでおこなうことができます。

以上の理由で、平日の火・水・木曜日は値引きに応じてくれることが多く、料金が安くなります。
「土日しか休みがない」という方も、早めに有給休暇など取得できないか打診してみてください。

月末や大安は避ける

引越し費用を安くするには、月末や大安は避けたほうが良いといわれています。
理由は「賃貸の中途解約は通告した日の翌月末になる」という契約になっていることが多いからです。
そのため、二重に家賃を支払うことを回避するために、月末の引越しが集中しやすくなっています。

次に大安を避ける理由は「縁起が良い日」という認識で引越しをする方が増えるからです。
確かに良い日とされていますが、引越し内容は変わることなく費用が高い傾向にあるため、安くしたい方は大安を避けることをおすすめします。

複数の引越し業者に見積もりを依頼する

引越しを安く抑えるには複数の業者に見積もりを依頼する「相見積もり」が大切です。
複数の業者を比較することで相場が把握でき、値引き交渉にも使えます。
また、細かなサービスの違いや追加費用など、自分に合った引越し業者が見えてくるためおすすめです。

「自分で比較するのが面倒」という方は、無料で利用できる一括見積もりサイトを利用してみるのも良いでしょう。このように、一社の見積もりだけで契約せずに、複数の業者から見積もりを取って引越し業者を安く利用する工夫をしてみてください。

まとめ

9月~10月は引越し需要が高まる時期です。
特にシルバーウィークには引越し料金が高くなります。
そのため、紹介した費用相場や引越しを安くするポイントを参考に、お得な引越しをしてみてください。

また、愛知県名古屋市の中山不動産株式会社は、不動産の購入や賃貸をサポートしております。
お住まいをお探しの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ
  1. この記事へのコメントはありません。