【保存版】豊田市のココがすごい!住みやすさと家族で楽しめる遊び場を徹底解説

こんにちは。
中山不動産株式会社です。

居住する街に「住みやすさ」を求める方も多いのではないでしょうか。
愛知県内で広い面積を誇る豊田市は、森林や田園などの自然に囲まれた街です。
「田舎で生活しづらいのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、豊田市は交通の利便性や子育て環境にも恵まれた街でもあります。

そこで今回は、豊田市の住みやすさや子育て支援の充実度、家族で楽しめる遊び場を紹介します。
愛知県への引越しを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

豊田市の住みやすさ①利便性の高さ

出典:photo AC

市内の7割に豊かな森林、田園が広がる豊田市ですが、交通の利便性も高いのが特徴です。
車での移動やバスでの移動もしやすいよう工夫されているため、田舎の不便さを感じさせない魅力があります。

ここでは、豊田市の住みやすさの一つ「利便性の高さ」を解説します。

全国へつながるインターチェンジ

自然が豊富な豊田市では、都会に比べて車移動のしやすさが大切な要素と言えます。
市内には7ヶ所ものインターチェンジがあり、全国各地へ車での高速移動が快適におこなえます。

また、空の玄関口である「セントレア」へも中心地から1時間ほどで到着するため、海外などに出張や旅行に行くのにも便利でしょう。
このように、県外へのアクセスが良好な豊田市は、交通の利便性が高いと言えます。

充実したバス路線

豊田市には「とよたおいでんバス」と「地域バス」が市内間を運行しています。
さらに、地域の実情に適した地域バスも市内を循環しているため、公共交通で約8割の人口をカバーするなど、市内での移動が快適です。

また、中心地だけでなく山間部などの自然豊かなスポットにもバスが運行しているため、観光地巡りにも利用できます。
このように、地域住民の移動や観光客の移動にも使えるバス路線の充実度が豊田市の住みやすさの一つです。

豊田市の住みやすさ②子育て支援の充実

出典:photo AC

豊田市は子育て世代にも住みやすい街として人気です。
その理由は、充実した子育て制度にあります。

助成金やひとり親家庭への支援も充実しているため、子育ての負担も比較的軽くなっています。
ここでは、豊田市の子育てのしやすさについて解説します。

待機児童7年連続ゼロ

近年深刻化している待機児童問題は、子育てをする上で深刻な悩みといえます。
豊田市は令和2年4月1日時点「7年連続で待機児童数ゼロ」を達成しています。
官民連携により、こども園などへ0〜2歳児の受け入れ枠を拡大する取り組みを推進していることが主な理由です。

下記の表は、それぞれの施設への入所数になります。

出典:豊田市ホームページ

医療費無料

豊田市には、子どもの医療費を助成する制度である「子ども医療費助成制度」が存在します。
対象者や助成内容、申請方法は次のとおり。



対象者
中学校卒業までの子ども
※心身障がい者医療及び母子・父子家庭医療助成の対象の小学生は除く。
ただし、自閉症状群と診断された小中学生は対象となります。
助成
内容
保険診療分の自己負担額が無料になる

申請
方法
必要なもの:健康保険証
申請人:保護者、扶養義務者(直系血族、兄弟姉妹)
申請窓口:福祉医療課、市民課、各支所、出張所
豊田市ホームページを参考に作成

以上のように、中学校卒業までは医療費無料のため、子育ての負担が比較的少なくなっています。

子どもの遊び場が充実

自然が豊富な豊田市には、子どもが楽しめる遊び場が充実しています。
ボールプールやプロジェクションマッピング、スケートリンクが楽しめる「ファンタジーキッズリゾート名古屋北」。
プラネタリウムやサイエンスショーを体験できる「とよた科学体験館」など、休日の遊びや観光に最適なスポットが目白押しです。

ほかにも広大な自然を活かした公園が多くあり、何度足を運んでも飽きさせない魅力があります。

一年中楽しめる!豊田市のイベント

豊田市は一年通して楽しめる四季折々のイベントが多数用意されています。
春夏秋冬それぞれに季節を活かしたイベントがあるため、一年中楽しく過ごすことができます。
ここでは、豊田市で開催される季節のイベントを紹介します。

【春】幽玄な風景が広がる「水源桜まつり」

出典:Aichi Now

水源桜まつりとは、水源公園一帯でおこなわれる美しい桜まつりです。
水源公園内には約400本の桜が植えられており、春になると一面が桜の花に包まれ地元民や観光客を楽しませてくれます。
また、昼には晴天に映える美しい桜を、夜にはライトアップされた幽玄な風景を見物できます。
家族でのお花見やカップルでのお散歩におすすめの人気スポットです。

【夏】夜空を彩る「豊田おいでんまつり」

豊田おいでんまつりは「おいでん」の曲にあわせて市民が自由に編成する「踊り連」や「おいでん総踊り」を通じて踊りを楽しめる豊田市の一大イベントです。
年代問わず踊りを楽しめるまつりのため、子どもからお年寄りまで幅広い年代に親しまれています。

さらに、まつりの締めには夏の風物詩「花火大会」が待っています。
さまざまな仕掛け花火やスターマインなどが間髪入れずに打ち上げられ、感動のフィナーレを迎えられるでしょう。

【秋】紅葉の名所「香嵐渓」

出典:Aichi Now

秋の楽しみといえば紅葉という方も多いのではないでしょうか。
香嵐渓は紅葉やカタクリの花が有名な、東海随一の紅葉の名所として人気です。

紅葉の数はなんと「約4千本」というスケールの大きな秋景色を楽しめます。
また、足所川をはさんだ場所には、かつての宿場のような古く趣のある街並みの散策も体験できます。

【冬】愛知で雪遊び「雪そりゲレンデ」

出典:Aichi Now

旭高原元気村内にある「雪そりゲレンデ」では、そりすべりをたのしむことができます。
年間の積雪量が少ない愛知県ですが、ゲレンデには最新のスノーマシンが導入されており、雪のコンディションが管理され安全性が高くなっています。

雪そりゲレンデではスキーやスノーボードが禁止されているためお子様でも安心です。
また、体が冷えたらキッズルームも用意されているため、子どもに無理させることなく雪遊びを楽しんでもらえます。

何もないはウソ!?豊田市の遊び場を紹介

自然に囲まれた豊田市は「遊ぶ場所がないのでは?」という意見もあります。
しかし、豊田市には自然を活かしたスケールの大きな遊び場や公園が多数存在します。
ここでは、5つの人気スポットを紹介していきますので参考にしてみてください。

トヨタ会館

出典:TOYOTA

トヨタ会館は、トヨタ自動車のものづくりの歴史や考え方、最新の自動車技術などを紹介する施設です。
最新モデルやロボットなどの展示物や事故を軽減する最新技術が紹介されるなど、車の進化を感じることができます。

また、子ども向けの自由研究スペースもあり、車好きの子どもに人気のコーナーです。
館内は予約不要で自由見学や写真撮影もできるため、観光の思い出つくりにもピッタリのスポットと言えるでしょう。

TEL0565-29-3345
住所豊田市トヨタ町1
営業時間9:30~17:00
定休日日曜、GW、夏期連休、年末年始
料金無料
アクセス東名高速道路豊田東ICより約3.5km

フォレスタヒルズ ウォーターパーク

フォレスタヒルズ ウォーターパークは、暑い夏にピッタリの開放感あふれる屋外型の総合リゾート施設です。
小さなお子様でも安心安全のすべり台から小学生も楽しめるスライダーなどが用意されており、さまざまな年齢層に対応しています。

また、プールだけでなく、アスレチックジムやパターゴルフなど、子どもから大人までが楽しめる施設となっています。
ゆっくり観光を楽しみたい方には宿泊施設やレストランも用意されているため、広い施設内を二日間かけて楽しむのも良いでしょう。

TEL0565-58-3515
住所豊田市岩倉町一本松1-1
営業時間9:30~17:00
定休日期間中無休
料金子ども930円、大人1,500円
アクセス東名高速「豊田IC」から車で約20分

鞍ヶ池公園

ハイウェイオアシスに隣接した「鞍ヶ池公園」には、動物園や植物園、観光牧場、四季の古里など、通常の公園にはない施設がたくさん用意されています。
子どもと一緒にボートに乗ったり動物ふれあい広場で動物たちと触れ合ったりと、思い出づくりに最適です。

さらに、二階建てのプレイハウス内には「まほうの森」をテーマに作られた大型遊具が設置される「子どものプレイコーナー」があります。
室内のため、雨の日でも安全に利用できる施設です。ほかにもさまざまなコーナーがあるため、一日中飽きさせない魅力のあるスポットになっています。

TEL0565-80-5310
住所豊田市矢並町法沢714-5
営業時間9:00~17:00
定休日無休
料金無料
アクセス名鉄三河線「豊田市」駅より
名鉄バス「鞍ヶ池公園前」行きで20分
「鞍ヶ池公園前」停下車すぐ

とよた科学体験館

出典:Aichi Now

とよた科学体験館には、宇宙のことを楽しく学びながら理解できる「プラネタリウム」や不思議な体験ができる「サイエンスショー」が開催されています。
さまざまな知識に触れることができるため、好奇心旺盛な子どもも満足できる施設になっています。
サイエンスショーの内容は毎月変わるため、定期的に来館しても楽しめる施設です。

さらに、小さな子どもでもたのしめる工作体験も開かれており、たくさんの子ども達と実際に手を動かしながら工作ができます。
また、室内のため季節を問わず快適に遊べる人気スポットです。

TEL0565-37-3007
住所豊田市小坂本町1-25豊田産業文化センター内
営業時間9:00~17:00
定休日月曜日
料金【プラネタリウム】子ども100円、大人300円
アクセス名鉄「豊田市」駅から徒歩約7分

豊田スタジアム

出典:Jリーグ

豊田スタジアムはサッカー名古屋グランパスのホームスタジアムとして知られていますが、スポーツ観戦以外にもさまざまな楽しみ方があります。
施設内には、屋内プールを備えたスポーツプラザや豊田市街地を一望できるレストラン「ヴェルデロッソ」などがあり、運動や食事を気軽に楽しむことができます。

また、キッズスポーツ教室など地域住民が参加できるさまざまな教室が開催されており、スポーツ好きだけでなく、運動不足を感じている方にもおすすめです。
経験豊富なトレーナーたインストラクターが丁寧に指導してくれます。

TEL0565-87-5200
住所豊田市千石町7-2
アクセス名鉄「豊田市」駅より徒歩15分

まとめ

愛知県豊田市は、豊富な自然と充実の交通環境が整った住みやすい街です。
さらに、子育ての助けになる助成金制度や子どもと楽しめる人気スポットもたくさんあるため、のびのびと子育てできる環境でもあります。

ぜひ居住先や観光の参考にしてみてください。

また、豊田市で不動産をお探しの方は、中山不動産株式会社までぜひご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ
  1. この記事へのコメントはありません。