【必見】同棲カップルの部屋探しにおすすめの時期は?部屋探しの流れも解説

こんにちは。
中山不動産株式会社です。

「そろそろ同棲をしたいけどいつから物件探しをすれば良いんだろう」
「新築物件が多く出る時期っていつなのかな」
「同棲を始めたいけど部屋探しで喧嘩したくない」
このように考えている人もいるのではないでしょうか?
いざ同棲生活を始めようと思うものの、なにから決めれば良いのかわからないものです。
カップルの部屋探しは話し合いや準備が重要なポイントです。

この記事では、円満に同棲生活を始められる部屋探しのコツを紹介します。

幸せな同棲生活を開始し、パートナーとの絆を深めたい人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

カップルが部屋探しする前に確認すべきこと

カップルが部屋探しをする前に大事なことは話し合いと下準備です。

ここでは部屋を探す前に2人で確認すべきことを具体的にまとめました。

円満な同棲生活の重要な基礎の部分となるので、しっかりチェックしてよく話し合うことをおすすめします。

お互いの希望や条件をまとめる

まずはお互いの希望や条件について話し合いましょう。

話し合う条件は主に以下の4つです。

話し合う条件

  • エリア→お互いの通勤時間や治安などを考慮しエリアを絞る
  • 立地→駅までの距離などを考慮
  • 間取り→二人にとってどのような間取りが適しているか
  • 家賃→おおよその家賃設定をすることで物件を絞りやすくなる

特にエリアや立地は住むうえで重要なポイントです。

同棲をいつから始めるか話し合う

条件をまとめたら、同棲を始める時期について話し合いをします。

現在住んでいる賃貸の契約期間に注意する必要があります。

一般的に1~2ヶ月前には退去する旨を管理会社に伝えなければいけません。

連絡をするのがギリギリになってしまうと、家賃が発生する可能性も。

早めに確認して、お互いに無理のないスケジュールを計画することが大切です。

退去時の手順が詳しく知りたい場合はこちらをご覧ください。

同棲のルールを決める

大体の時期が決まったら、「同棲生活のルール」を話し合うことをおすすめします。

決める内容としては、家賃光熱費など費用負担の割合や、家事の分担です。

意外と忘れてしまいがちですが、決めておかないと後々、どちらかに負担が偏ってしまう恐れがあります。

あらかじめルールを決めておくことで、スムーズに同棲生活がスタートし、円満な日々を送れるでしょう。

同棲カップルの部屋探しにおすすめの時期は?

同棲カップルの部屋探しは春から秋にかけてがおすすめです。

条件の整った物件を探すには、不動産業界の動きを把握し、時期を見定めなければなりません。

ここでは同棲を始めるカップルにとって、理想の物件が見つかりやすい時期を紹介します。

【4月~5月】カップル向けの物件が増える

就職や新生活のスタートにより、引越しのピークが過ぎる4月に入ると、落ち着いて部屋探しができます。

ハイシーズンに比べ、物件数が少ない時期でもありますが、6月のジューンブライドに向けて、結婚を意識したカップルに最適な物件が見つかりやすい時期と言えます。

またゴールデンウイークの連休は引越し作業に最適なため、落ち着いて物件探しや引越しをしたいカップルにおすすめです。

【6月~8月】費用を抑えたいカップルにおすすめ

なるべく引越し費用を抑えたいカップルには6月~8月の部屋探しがおすすめです。

6月~8月は引越しの需要が低下する時期であり、不動産会社からの手厚い対応が期待できるほか、家賃の値下げ交渉がしやすいと言われています。

また梅雨時や梅雨明けの真夏は引越しを避ける人が少なくありません。

そのため、引越し業者も価格を下げている可能性があり、お得に引越しができる時期と言えます。

【9~10月】新築物件が増える

結婚式が多い秋は、カップル向けの新築物件が増えてくる時期です。

特に10月は新築物件が増えやすい傾向にあり、新築に住むことにこだわりがあるカップルは、この時期がおすすめです。

真夏の暑さもやわらぎ、引越しにも最適な時期と言えます。

新しい物件で同棲生活をスタートさせたいカップルは、9月~10月の部屋探しを意識しましょう。

プロポーズを考えている人はこちらをご覧ください。

同棲するときの部屋探しの流れは?

「実際に部屋探しをするのはいつからが良いんだろう……」と考えている人もいるかもしれません。

ここでは部屋探しを開始してから、内見し契約するまでの流れについて説明します。

流れを確認してスムーズに部屋探しを進めていきましょう。

同棲開始2ヶ月前:部屋探しを始める

引越し準備は2ヶ月前から始めるのがおすすめです。

お互いの仕事が忙しい中で、希望や条件などの話し合いをする必要があり、意見がまとまっても、理想の物件を探すのは意外と時間がかかるものです。

また条件に合った物件が見つかったとしても、必ずしも空いているとは限りません。

ギリギリになってしまっては妥協せざるを得なくなってしまう可能性も。

二人が納得のいく物件を探すには、余裕を持ったスケジュールが大切です。

同棲開始1ヶ月半前:内見を始める

二人の条件がまとまってきたら、物件の内見を始めます。

同棲開始の1ヶ月半前を目安に、インターネットで物件を探すのがおすすめです。

もしくは、不動産会社へ直接行き、希望や条件に合った物件を紹介してもらいましょう。

不動産会社に行く際は、事前に予約をすれば待たされる心配がありません。

また、予約時におおまかな希望条件を伝えておくと、理想に近い物件情報を準備しておいてくれるため、スムーズに話が進められます。

同棲開始1ヶ月前:部屋を決めて契約する

内見が済み、気に入った物件が見つかったらいよいよ契約です。

物件が決まったからと言ってゆっくりしていては、引越しに間に合わない可能性も。

入居には審査があることを忘れてはいけません。

審査に落ちてしまうことも考え、早めに契約を済ませましょう。

契約後にも引越し業者を探したり、荷造りをしたりとやることが多くあるため、1ヶ月前には契約しておくことをおすすめします。

同棲カップルの部屋探しにおける注意点

同棲カップルの部屋探しは決めることがたくさんあります。

そのため、ときには意見がぶつかり喧嘩になってしまうことも。

幸せな同棲生活を始めるために、喧嘩になるのは避けたいところです。

ここでは言い争いにならないよう、気を付けるポイントを紹介します。

物件の内見は二人で行く

実際に内見するときは二人で行くようにしましょう。

二人で行ったほうがその後の生活を想像しやすいためです。

どちらかに任せてしまうと、後々不満が出てきたときに喧嘩に発展する可能性も。

またチェックしてほしいところがされてなかったということも少なくありません。

二人で内見したという思い出にもなるので、なるべくそろっていくことをおすすめします。

無理のない予算設定を考える

「素敵な部屋で同棲生活をしたい」と考える人も多いのではないでしょうか。

しかし理想をあげればきりがありません。

家賃は収入の25%が理想と言われており、無理な家賃設定をすることで生活を圧迫し、関係が悪くなってしまう可能性も。

家賃以外にも生活費がかかることや、結婚を視野に入れているカップルなら貯金をする必要もあるため、予算設定は慎重にしなければなりません。

最初にしっかり話し合い、無理のない予算設定をすることが大切です。

プライベート空間のある間取りが人気

同棲カップルにおすすめの間取りは、1LDKか2DKと言われています。

喧嘩をしてしまったときや、疲れているときは少し離れたほうが良いことも。

狭い空間に一緒にいると息苦しさを感じ、一人になりたいと思うことも少なくありません。

円満に生活していくためには、お互いにプライベートな時間を過ごせる間取りがおすすめです。

もっと詳しく間取りのことが知りたい人はこちらをチェック

まとめ

今回は同棲カップルが部屋探しをするときの流れや注意点などを紹介しました。

カップルが部屋を探すときのコツは、あらかじめしっかり希望や条件について話し合うことです。

意見をすり合わせ、ときにはぶつかりながら幸せな同棲生活を送れるよう、二人で計画を進めていきましょう。

お部屋探しでわからないことがあれば、ぜひ中山不動産にご相談ください。

名古屋のお部屋探し キャンペーン中
お得なキャンペーン実施中

お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ
  1. この記事へのコメントはありません。