【必見】REIT(リート)と実物不動産投資を徹底比較|どっちがおすすめ?

こんにちは。
中山不動産株式会社です。

「不動産投資を始めたいけれど、資金に余裕がない……」
「REITなら手軽にできそうだけど、デメリットはある?」
まとまった自己資金がなくても始めやすい不動産投資として、REITに興味を示している方もいるのではないでしょうか。しかし、両者の違いやメリットとデメリットがいまいち把握できず、悩んでいませんか。

この記事では、REITと実物不動産投資はどちらがおすすめなのかを解説します。
2つの方法のメリットとデメリットも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

REIT(リート)とは?

2001年9月にREITの市場が日本に誕生しました。
少しずつ認知度が上がってきたとはいえ、まだ詳しく知らない方も少なくないでしょう。
REITとは何かについて解説します。

REIT(リート)の仕組み

REITは株式や債券などと同じ、投資信託の一種です。
不動産投資法人に投資をして、資産運用で得た利益を受け取ります。
複数の投資家から集めたお金が不動産投資法人の活動資金です。
オフィスビルやマンションなどの不動産の所有や管理を実施します。
実際に運用をするのは、資産運用会社です。
運用に成功して得た利益は、投資家にきちんと還元されるので安心です。
分配金として利益を手にできます。

実物不動産投資との違い

REITと実物不動産投資の違いを3つの観点から紹介します。

REIT実物不動産投資
不動産の所有しないする
不動産の選定・管理不動産投資法人投資家
不動産の運用資産運用会社投資家

この表から、不動産の管理や運用の手軽さは、REITに軍配があると判断する方もいるでしょう。
すべてプロにお任せできる不動産投資がREITといえます。

REIT(リート)のメリット・デメリット

「今すぐにでもREITを始めたい」「簡単なら自分にもできそう」と考える方もいるかもしれません。
しかし、良いところだけ見て行動するのは危険です。
メリットとデメリットの両面を把握したうえで、しっかりと検討してみてください。

メリット

REITのメリットには次のようなものがあります。

  • 少額から始められる
  • 売却しやすい
  • 管理の手間が要らない
  • プロによる運用で安心感がある

REITは、数万円で始められるものもあり、その金額面での負担の軽さが魅力です。
また、売却したいと思ったときは、市場で取引ができるのですぐに手放せます。
不動産は不動産投資法人が所有しているため、投資家は管理のために時間を取られることがありません。
不動産の運用を担当するのは専門知識が豊富な資産運用会社であり、安心して任せられます。

デメリット

手軽に始められるREITですが、注意すべき3つのポイントがあります。

  • 収益の変動が大きい
  • 実物の不動産が所有できない
  • 不動産投資法人に倒産や上場廃止のリスクがある

REITは簡単に売買できるため、市場の動きに影響を受けやすい点にも注意が必要です。
金利や経済状況などにより価値が大幅に下がる恐れがあります。
また、どれだけ多額の投資をしても不動産は自分のものになりません。
実物の不動産を所有できない点が大きなデメリットです。
不動産投資法人が倒産したり、上場廃止になったりなどのリスクも考えられます。

実物不動産投資のメリット・デメリット

REITとは異なる実物不動産投資のメリットとデメリットを知り、不動産投資の手法の検討材料にしてください。

メリット

実物不動産投資のメリットを見てみましょう。

  • 自己資産を大きく増やせる可能性がある
  • 安定した収入を長期間得やすい

不動産投資用不動産を担保に金融機関から融資が可能です。
自己資金以上の物件を手にして運用することで、資産を大きく増やせる可能性があります。

安定した収入を長期間得やすい点も実物不動産投資のメリットです。
入居者から毎月一定の家賃収入が得られます。
市況が変化しても家賃が即座に変動することはありません。
先の見通しを立て、今後の運用プランも考えやすいでしょう。

デメリット

実物不動産投資のデメリットには、以下のことが考えられます。

  • ローン返済がある
  • 売却に時間がかかる
  • 専門知識が求められる

不動産を購入するには、費用がかかります。
たとえば、アパートやマンションを一棟購入する場合、数億円かかることもあるでしょう。
ローンの利用はできますが、毎月の返済が負担になるかもしれません。
不動産を売却したいと思っても、買い手を探したり必要な手続きをしたりなど、手放すまでに時間がかかります。
また、安定した経営をするために専門知識も必要です。
実物不動産投資は、気軽に始めにくいデメリットを抱えています。

REIT(リート)よりも実物不動産投資がおすすめの理由

プロに運用をお任せできるREITですが、実物不動産投資のほうがおすすめです。
その理由を紹介しますので、今後の検討材料にしてみてください。

レバレッジを効かせられる

レバレッジを効かせられるとは、少ない資金で大きな利益を得ることです。
ローン契約できる実物不動産投資では、所有する不動産を担保に大きな金額を借り入れられます。
もし自己資金がなくても数千万円のローン契約で、それだけ価値のある不動産所有も夢ではありません。
需要の高い不動産を購入して、さらに収益を上げることにも期待が高まります。
ローン契約ができず、自己資金以上の投資が困難なREITでは実現できない魅力といえます。

購入した不動産は自分の資産になる

実物不動産投資は、購入した不動産は自分の資産です。
家賃収入から管理費や維持費を除いたほとんどが、オーナーの収益になります。

また、オーナーのもしもの事態に備えて、家族のために遺す財産としても利用できます。
不動産投資の戦略として、売りどきのタイミングで売却できれば、大きな利益が得られるかもしれません。
売却益を利用して、さらに不動産投資活動を進められるでしょう。

株式市況や経済市況の影響を受けにくい

実物不動産投資では、株式市況や経済市況からの影響をほとんど受けません。
株式や経済の市況は日々、刻々と変化します。
REITは経済が悪化すれば、価値も大きく変動し、紙切れ同然になる恐れもあるでしょう。

入居者から安定した収益を得られるのは、実物不動産投資の魅力です。
需要があるエリアを精査したうえで購入した不動産には、経済状況にかかわらず入居希望者がいるため空室リスクを軽減できます。

ワンルームマンション投資なら少額で始められる

ワンルームマンション投資は、少額で始められるのが魅力です。
マンションやアパートを一棟購入するよりも大幅に初期費用を軽減できます。
そのため、自己資金が少なめの方でも始めやすいでしょう。

頭金に必要な資金が貯められなかった場合、金融機関からすべて借りるフルローン契約も可能です。
ワンルームマンション投資では、フルローン契約でも毎月のローン返済額はそれほど多くならないでしょう。

まとめ

専門知識が不要で手軽に始められるREITは、市況の影響を受けやすい点がデメリットです。
実物不動産投資は、購入した不動産を自己所有にできるメリットがあります。
また、長期的に安定した収益が得られるのも魅力の一つです。
実物不動産投資にはたくさんの自己資金が必要だと思われがちですが、ワンルームマンション投資なら、少額で始められます。

しかし、ワンルームマンションならどれでも良いわけではありません。
需要を把握し、安定した経営をするための知識が必要です。
中山不動産では、名古屋に特化した不動産投資用物件を多数保有しています。

また、投資を成功させるためのノウハウを学べるセミナーや相談会も実施中です。
お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください。0800-200-5102受付時間 9:30-19:00 [ 水・日除く ]

お問い合わせ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。